« 「Gosh」 北海道・美瑛・コーヒー店 | メイン | 「銀閣寺 喜み家」  京都・銀閣寺・甘味処 »

2018年7月13日

「モリエール」 北海道・札幌・フランス料理


年に何度が訪れたくなるレストランがある。
その一軒が札幌の「モリエール」だ。

18071368-copy.jpg

中道博さんというオーナーシェフは、この「モリエール」を始め
「マッカリーナ」「ビブレ」などのオーベルジュも含め複数のレストランを経営する。
「モリエール」は北海道版ミシュランで三つ星を獲得。

年齢は60歳代半ばだが、じつに柔軟な思考で料理を作り続ける。
そのエネルギーといつまでも失うことのないパッションがすごいと感じる。



この日は冷たいガスパチョから始まった。
18071332-copy.jpg

軽やかだが、トマトなど素材の味わいが明確にわかる。



このウニは素敵であった。
18071335-copy.jpg

下にはクリームチーズ、バフンウニにオクラのすり流し。
一緒に混ぜて食べると一体感と新たな味わいが生まれる。



ホタテのフリット。大葉とわさびをプラス。
18071337-copy.jpg

これは天ぷらの世界だ。



サラダは20種類を超える野菜と周りのピュレなどを三回程度混ぜる。
18071339-copy.jpg

18071340-copy.jpg

すると一口ずつ食べ味が違うという仕掛けである。
均一に同じ味というのではなくむしろ差異を楽しむ料理である。



一夜干ししたにしんにスモークをかける。
18071345-copy.jpg

香りと風味、色合いから味を想像する。
じゃがいも、新カズノコ、玉ねぎ、サワークリームなども楽しい。



毛ガニのリゾット。
18071347-copy.jpg

これは贅沢な一品であった。



紅茶のグラニテ
18071349-copy.jpg

そこにキルッシュをかけると、また大人の味わいに!



メインはエイのヒレの焦がしバター。
18071352-copy.jpg

18071355-copy.jpg

なんとも古典的な手法で、それが生きている。
うっとりするぐらいの味わいで、エイもほぼ食べ尽くす。



付け合わせのジャガイモのグラタンも素敵だ。
18071356-copy.jpg



デザートは焼いたパイナップル。
これをその場で切り分ける。
18071358-copy.jpg

18071360-copy.jpg

18071363-copy.jpg

バニラビーンズがたっぷり入ったアイスクリームとの出会いは記憶に残る味わいだ。



いちごとさくらんぼ。
18071364-copy.jpg



ベニエのきな粉は、また衝撃のデザート。素晴らしい。
18071365-copy.jpg



エスプレッソとハーブティーをいただいてしまった。
18071366-copy.jpg

18071367-copy.jpg



今回もまた素敵なトリガーが埋め込まれた。






「モリエール」
札幌市中央区宮ケ丘2-1-1 ラファイエット宮ヶ丘1F
011-631-3155

投稿者 geode : 2018年7月13日 10:03