« 「エルバ ダ ナカヒガシ/erba da nakahigashi」 東京・西麻布・イタリアン | メイン | 「天ぷら元吉」 東京・南青山・天ぷら »

2018年6月28日

「青空blue」 大阪・平野町・うどん


うどんは、小麦粉と塩と水の産物である。
「あまから手帖」では、いまの大阪のうどん考現学を編集した。
大阪讃岐うどんというジャンルを確立した木田武史さんが、太麺から細麺への変革など話題は事欠かない。

この大阪・平野町にある「青空」は、
そのような動向とはまた異なるベクトルでうどんを考えてきた一軒である。
出身が「土山人」という蕎麦屋だ。
そばを考えるプロセスでうどんを作ると、いかなるうどんができるかを追求したのである。
まず自家製粉石臼挽きという過程を取り込んだ。
これがなんとも興味ふかい。

この日はランチであった。
水ナスとサラダのぶっかけうどんにした。
うどんも自家製粉粗挽きうどんにした。
18062892.jpg

このうどん、ある程度の太さがあり、かつ粉のプツプツ感も感じる。
なにより弾力があり、噛むことで粉の香りを楽しみ、水ナスの液体との出会いがさらにうまみを増してゆく。
まずは、他店では味わえない一品だ。



巻き寿司は、卵の分量が多くこれまた嬉しいのである。
18062888.jpg



いつも昼ばかりなので、時には夜にも訪れたいと思っている。






「青空blue」
大阪市中央区平野町4-5-8
06-4708-8812

投稿者 geode : 2018年6月28日 10:35