« 「ペレグリーノ」 東京・恵比寿・イタリア料理 | メイン | 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 »

2018年6月 4日

「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食


週末の夜、ふらりと尋ねる。
一人の夕食は久しぶりである。
カウンター。シェフの前で言葉を交わしながら食事を進める。

じつは、この日は豚を食べたい気分であった。
ポークカツレツをオーダーする。
山形県米沢ポークの塊。
18060489-copy.jpg

グッと食欲が増す。




突出しは綾部・河北農園の賀茂茄子・素揚げ。
18060490-copy.jpg

18060491-copy.jpg

生姜を溶いただしで食べる。
茄子の瑞々しさと香りに魅了される。



かますの炙り、すだちとからし。
18060493-copy.jpg

このかますの力がすごい。
脂のノリとすだちの酸味で重層的な味わいとなる。



同じかますのフライ。
18060494-copy.jpg

かますを巻くことで味の深みが出る。



メインのポークカツレツ。
18060496-copy.jpg

豚肉の本領は脂身の甘味と身質のきめこまかさ。
シルキータッチという言葉のような歯ごたえ。
そして充溢する甘味。
ソースとのマッチングもいいな。



食材を求めることに余念がない緒方さん。
肉類、魚などまだまだその欲求は強い。
料理を作ることが楽しくて仕方がないという気持ちがストレートに伝わってくる。






「洋食おがた」
京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
075-223-2230

投稿者 geode : 2018年6月 4日 10:25