« 「ごだん宮ざわ」 京都・東洞院・日本料理 | メイン | 「ペレグリーノ」 東京・恵比寿・イタリア料理 »

2018年5月31日

「老松 喜多川」 大阪・西天満・日本料理


久しぶりの「老松喜多川」。
カウンターは満席状態。この賑わい感は素敵だ。
カウンター内に料理人が5名はど動く。活気がある。

以前は老松町と呼んでいた。弁護士事務所や骨董店が多い界隈。
最近は素晴らしい料理店が増えている。

冷製玉じめ
18053116-copy.jpg

香川のホワイトアスパラガス、北海道の毛ガニ、長崎のうに。
気持ちが料理に向かう。




飯蒸し
18053120-copy.jpg

小柱とさいまき海老の天ぷらにもち米。
なんだかホッとする。



椀物
18053122-copy.jpg

アワビのしんじょ。これはアワビを細かく切り繋いだ感じ。食感が独特である。



能登半島のトリ貝。
18053124-copy.jpg

身が厚く、噛むごとにうまみが充溢。
肝のうまさは格別である。



初鰹。
18053126-copy.jpg

和がらしと黄ニラ。
ねっとりした歯触りから生まれる香りがいい。



煮穴子の下には鯛の白子を忍ばせる。
18053128-copy.jpg

この組み合わせにはうなる。



宮崎牛のシャトーブリアン。
18053130-copy.jpg

すっきりとしていながら味わい深し。



マナガツオと筍。
18053132-copy.jpg

筍も最終である。



泉州の水ナスと琵琶湖の天然うなぎ。
18053135-copy.jpg

出汁はうなぎの骨から。
出汁の味に感動を覚える。



白甘鯛と新生姜の炊き込みご飯。
18053136-copy.jpg

白甘鯛のエキスが生きる。



ごま豆腐にほうじ茶のアイス。佐藤錦。
18053143-copy.jpg



テンションが高まる時間であった。






「老松 喜多川」
大阪市北区西天満4-1-11
06-6361-6411

投稿者 geode : 2018年5月31日 10:32