« 「木山」 京都・堺町竹屋町・日本料理 | メイン | 「魏飯夷堂 北新地」 大阪・北新地・中国料理 »

2018年5月11日

「にしの」 大阪・京町堀・日本料理


不思議な縁である。
知人を通じて西野さんご夫妻と何回か食事を共にする機会を得た。
料理に向かう情熱、新たに店を開く意気込みなどを感じた。
そんな夫妻が店を開ける。
大阪・京町堀の「にしの」である。

突出しが三品並ぶ。
18051108-copy.jpg



稚鮎にはタデの甘酢。
18051109-copy.jpg



タコと三つ葉に玉ねぎ。
18051110-copy.jpg

火入れした玉ねぎの甘苦さが非常に印象的。



海老とヤングコーンにオクラ。
18051111-copy.jpg



椀物はアブラメと蓮根餅。
18051112-copy.jpg

昆布は道南の真昆布を使う。
一口目の柔らかさから味わいが深くなってゆく変化が心地よい。



造りはアマテカレイ。
18051115-copy.jpg

18051118-copy.jpg

薄造りだが、舌の上で踊る。
醤油とゆかりで食べても良しである。



もちカツオ。
18051120-copy.jpg

これには酒盗醤油を合わせる。
言葉通りのもちっとした感覚が艶かしい。



豚肉の蒸し煮。
18051123-copy.jpg

余分な脂分を落とす。だが、甘味はしっかり残っている。
合わせるのは白味噌に河内晩柑という柑橘を加えた調味料が大いに生きる。
大徳寺納豆の粉末もあり。どちらも豚肉のコクと甘味を存分に引き出す。



ホワイトアスパラガスのすりながしとアスパラガス、そして黄味酢がかかる。
18051124-copy.jpg

この合わせ方が見事である。



甘鯛の塩焼き。
18051126-copy.jpg

シンプルがゆえにストレートに素材の質と調理の技術がわかる。



炊き合わせは鯛の子とふき。
18051128-copy.jpg

定番の味わいで気持ちがホッとする。



ご飯は、その場で炊きたてを混ぜ作る。
この日はじゃことえんどう豆である。
18051131-copy.jpg

18051133-copy.jpg

18051136-copy.jpg

出来立ての味わいに勝るものなしという感じだ。



宮崎のマンゴー。
18051138-copy.jpg

甘さは贅沢だ。



スタッフの笑顔も素敵で、楽しい時間が過ぎていった。






「にしの」
大阪市西区京町堀1-9-21
06-6479-0456

投稿者 geode : 2018年5月11日 10:30