« 「カネマス七輪焼き」 京都・宮津・日本料理 | メイン | 「木山」 京都・堺町竹屋町・日本料理 »

2018年5月 9日

「糸仙」 京都・上七軒・中国料理


京風中華というジャンルが確実に成立する。
これについては「京都の中華」姜尚美著(幻冬舎文庫)に詳しい。
この著作は名著だ。何度も読み返した記憶がある。

その本の中でこの「糸仙」は酢豚で取り上げられている。
シンプルな酢豚。豚肉とパイナップル、そこに甘酢あんがかかる。
今ではなかなか見ることができない酢豚である。
まるで蜜がかかったような感じさえある。
これが食べたいがために「糸仙」に足を運ぶこともあるぐらいだ。

この日は30名近い宴会であったのでおまかせにした。
クラゲの料理から始まる。
18050920-copy.jpg

これの甘酸っぱい味わいがテンションを上げる。



チャーシューというか焼き豚である。
18050922-copy.jpg

さっぱりすっきりと何枚でもいけるのではないか思ってしまう。



春巻きだが、皮が薄焼き卵である。
18050925-copy.jpg

食べるのは一瞬だが、この薄焼き卵を毎朝焼き上げる仕事には脱帽だ。



フカヒレのスープ。
18050926-copy.jpg

フカヒレの厚みなどを競うのとは訳が違う。
入っているというだけで嬉しいのである。



そして酢豚。
18050929-copy.jpg

この艶やかな姿にうっとりである。



牛肉細切りと野菜の炒めもの。
18050931-copy.jpg

火入れが的確である。



麻婆春雨。
18050934-copy.jpg

春雨の食感がいいアクセントとなる。



海老の天ぷら。
18050936-copy.jpg

ふんわり軽い。



焼きそば。
18050939-copy.jpg

18050942-copy.jpg

あんがかかる。



汁そば。
18050944-copy.jpg

だしのうまみ生きる。



炒飯。
18050946-copy.jpg

米粒全体に味わいが染み渡る。



京風中華。これはクセになる味わいである。






「糸仙」
京都市上京区真盛町729-16
075-463-8172

投稿者 geode : 2018年5月 9日 10:27