« 「魚菜料理 縄屋」 京都・丹後半島・日本料理 | メイン | 「糸仙」 京都・上七軒・中国料理 »

2018年5月 8日

「カネマス七輪焼き」 京都・宮津・日本料理


京都・宮津駅の近く国道沿いに小さな小屋のような「カネマス七輪焼き」という店がある。
かれこれ10年近く前のことだろうか、知人に連れてきてもらったのが最初であった。
七輪で自らちくわを焼くというのが非常に興味深く、その記憶がずっと残っていた。
当時は週末のみの営業。
いまは毎日営業というスタイルになっている。

昼は11時半から店が開く。
開店と同時に入店である。

陳列棚にはその日の食材が並ぶ。
ここでじっくり見聞し、選んでゆく。これが滅法楽しい。
スタートは伸子イカである。小さいがワタの味など極めてしっかり。
18050874-copy.jpg

清酒が欲しくなる味わいである。



アジを焼く。
18050877-copy.jpg

18050880-copy.jpg

素材の鮮度は、火入れで身が膨らんでゆく。
その姿からも鮮度の良さを実感する。



同行の仲間は「白いご飯が要るね」と注文である。
18050885-copy.jpg

18050887-copy.jpg

白いご飯と焼きたての魚。日本人ならではの味わいだ。



香の物もしっかりたっぷり。これは嬉しい。
18050890-copy.jpg



造りはサヨリ、シマアジ、タイである。
18050892-copy.jpg

鮮度と質を堪能する。



アヒージョ用のエビ。
18050896-copy.jpg

18050899-copy.jpg

これもサッと炙ったバゲットに乗せて食べる。
海老の香ばしさを満喫だ。



ぐじを焼く。
18050801-copy.jpg

18050803-copy.jpg

日本海ならではの産物。
これも身の厚みが異なる。



自分の手で竹輪を焼く。
18050811-copy.jpg

18050815-copy.jpg

18050817-copy.jpg

思って要る以上に綺麗に焼き目を入れるのが難しい。
だが、楽しみが溢れる瞬間でもある。

生姜醤油で食べる。



締めのデザートはアイスクリーム。
カチカチに凍ったアイスクリームを炭で温め、周りを溶かしながら食べる。
18050818-copy.jpg

18050822-copy.jpg

18050825-copy.jpg

この一手間が味わいにつながってゆく。



食べる楽しみにあふれた一軒である。






「カネマス七輪焼き」
京都府宮津市漁師1714
0772-25-0058

投稿者 geode : 2018年5月 8日 10:47