« 「番屋 燁」 大阪・堺筋本町・居酒屋 | メイン | 「草枕」 東京・西新橋・コーヒー専門店 »

2018年4月 4日

「はまぐり庵 吉祥別邸」 大阪・梅田・日本料理


大阪・梅田の阪急三番街に、はまぐりを専門に扱う店がある。
はまぐりといえば桑名という印象が強い。
ここも三重県桑名から直送のはまぐりを使う。

前菜は
アイコトマト梅酒漬け
はまぐりと若芽潮浸し
蛍イカ酢味噌和え
18040438-copy.jpg

春の息吹を感じる前菜である。




造りは
初鰹と春野菜のサラダ仕立て
18040443-copy.jpg

キャベツの甘味がいい感じだ。
カツオの香りも楽しめる。



焼物は
焼きはまぐり食べ比べ
18040445-copy.jpg

五年もの、天然七年もの、天然十年ものと揃う。
この二年、三年の味わいの差には驚いた。
年数を重ねるとこのように味わいが濃厚に変化してゆくのかと感じる。
舌を包み込む厚み、鼻に抜けてゆく香りなど、十年ものなどはいぶし銀のような感覚を受け取った。



温物は
サワラの蕪あんかけ。
18040452-copy.jpg

筍やアスパラガスが入り、春の芽吹きを演出する。



鍋物は
はまぐりしゃぶしゃぶ 三年ものはまぐり 季節鍋野菜一式。
18040453-copy.jpg

18040459-copy.jpg

18040463-copy.jpg

はまぐりの出汁にはまぐりを入れる。しばらくすると貝のふたが開く。
口に入れると磯の香りを満喫。あっという間に食べてしまう。
まるで海岸沿いで遊んでいるような情景が浮かんでくる。



あしらいのスープの楽しさ。
18040464-copy.jpg

18040465-copy.jpg

野菜も出汁のうまみをキャッチだ。



締めは鯛にゅうめん。
18040468-copy.jpg

スルスルと食べてしまう。



楽しい初体験であった。






「はまぐり庵 吉祥別邸」
大阪市北区芝田1-1-3 阪急三番街南館B2F
06-6373-3456

投稿者 geode : 2018年4月 4日 10:05