« 「杦 SEN」 京都・五条柳馬場・日本料理 | メイン | 「肉専科 はふう本店」 京都・麩屋町夷川・洋食 »

2018年3月29日

「鳥匠 いし井」 大阪・福島・焼き鳥


大阪・福島は焼き鳥屋激戦区である。
ここ「鳥匠 いし井」は名店「あやむ屋」出身で開店2年目を迎える。
気になる存在であったが、ようやくその暖簾をくぐることになった。

18032909-copy.jpg

カウンターがすっと伸びる。個室もあるが、この日はカウンターとした。
その風情は、まるで割烹のような感じを受ける。
主人の石井吉智さんは、和食の経験もありの料理人である。



胸肉のきずしから始まる。
18032956-copy.jpg



続く前菜。
卵カステラと百合根のクリームチーズ味噌。
18032958-copy.jpg

このビジュアルのインパクト。



サラダには温泉卵が絡む。淡雪塩もかかる。
18032961-copy.jpg



小さなシュー生地にはレバーペースト。
18032965-copy.jpg

酒飲みはたまらないであろう。



蒸し鶏、白子のフライ、スモークした地鶏のソーセージを含むポテトサラダ。
18032969-copy.jpg

どんどん石井さんの世界に入ってゆく感じだ。



天草大王のささみ。
18032971-copy.jpg

しっとりした火入れが嬉しい。



はらみである。
18032973-copy.jpg

ボリュームといい脂分。



せせりも弾力あり。
18032975-copy.jpg



山芋の漬けも美味。酒を呼ぶ。
18032977-copy.jpg



はつもとは香りとコクの賜物。
18032979-copy.jpg



ねぎまも鳥の脂分とねぎの甘味勝負。
18032981-copy.jpg



もも肉に酸味のあるタレとパクチー。
18032982-copy.jpg



肝のねっとりした口当たりとキメの細やかな味わい。
18032985-copy.jpg



愛媛の姫っこ地鶏のずり。
18032987-copy.jpg

これもしっかりボリュームあり。



手羽元の食感も歯ごたえあり。
18032989-copy.jpg



合間に挟む鬼おろしが効果的。
18032990-copy.jpg



ちょうちんと呼ばれる玉ひもの生の状態。
18032991-copy.jpg



蒸しつくね。
18032993-copy.jpg

出汁が入る。



つくねが食べ終わると出汁にご飯とうずらが入る。
18032995-copy.jpg

これは贅沢なたまごご飯となる。



白子にカラスミが存分にかかり海苔とともに食べる。
18032997-copy.jpg



ちょうちんの卵が弾けるインパクト。
18032999-copy.jpg



つくねは塩、タレ、パルミジャーノの三種からの選択。
18032901-copy.jpg

パルミジャーノを選ぶ。



スープが出る。
18032903-copy.jpg



締めは焼きおにぎり。
18032905-copy.jpg

表面をコーティングされ出汁醤油の香ばしさが印象的だ。



40歳を超えたばかりの石井さん、同年代との交流も盛んで色々なイベントを企画中とのことだ。






「鳥匠 いし井」
大阪市福島区福島2−3−23
06-4797-1129

投稿者 geode : 2018年3月29日 10:51