« 「Walden Woods Kyoto」 京都・渉成園・カフェ | メイン | 「齋華」 京都・泉涌寺・中国料理 »

2018年3月 2日

「老松 喜多川」 大阪・西天満・日本料理


西天満界隈が面白い。
新進気鋭の料理人が、元気である。
その一人「老松 喜多川」の喜多川達さん。
2012年開店なので6年の歳月が流れる。
カウンターと個室があるが、カウンターの醍醐味は素敵だ。

この日は白子のフライから始まる。
18030230-copy.jpg

水菜とキャビア。あたたかな前菜の大切さを知る仕事。



閖上(ゆりあげ)の赤貝。土佐酢のジュレがかかる。
18030233-copy.jpg

ジュレが絡み、赤貝のうまみが増大だ。



椀物は、松葉蟹のしんじょうを百合根で包む。
18030235-copy.jpg

しんじょうでありながら、素材感を見事に感じさせる一品である。
印象深い椀物であった。



造りは金目鯛。
18030238-copy.jpg

皮目を少し炙ることで香りがたつ。
金目鯛の甘さも強調される。



帆立をさっと炙り海苔で食べる。
18030240-copy.jpg

これは帆立の甘味が際立ち、海苔の香りも生きる。



ぶりは出汁をくぐらせ、かぶらと一緒に。
18030241-copy.jpg

ぶり・大根のアレンジバージョン。喜多川さんらしい料理だ。



太刀魚に下仁田葱と白魚のフライ。
18030243-copy.jpg

葱の甘味、白魚の香りなどが一体感を生み出す。



食事前の一品。フグに海苔、こぶ高菜である。
18030245-copy.jpg

フグの詰まった味わいが記憶に残る。



白甘鯛のご飯。
18030246-copy.jpg

18030247-copy.jpg

白ご飯ではなく、混ぜご飯も喜多川さんの真骨頂。
米粒に白甘鯛の味が絡む。
うっとりとするうまさだ。



パンナコッタに抹茶のアイスクリーム、イチゴである。
18030249-copy.jpg



いつも遊び心を漂わせた料理に気持ちも和む。






「老松 喜多川」
大阪市北区西天満4-1-11
06-6361-6411

投稿者 geode : 2018年3月 2日 10:43