« 「Les Enfants Rouges」 フランス・パリ・ビストロ | メイン | 「ビルバオバル巡り」 スペイン・ビルバオ・バル »

2018年2月14日

「Le Relais de Venise」 フランス・パリ・ステーキ専門店


30年以上通っているステーキハウス。
パリで最も訪れた回数が多いレストラン。

この日も、午前中ピカソ美術館で「ピカソ1932-エロティックな年代」という展覧会を観て、今まで以上にピカソに敬意の念を抱く。
充実した1年間の作品や出来事を時系列に並べた、画期的かつ意欲的な作品展。
この1年はピカソにとっても、大きな転換期でもあったようだ。

その後、ポルトマイヨー駅近くの「Le Relais de Venise」に向かう。
日曜日の昼ということもああり、やはり店頭には行列。
ここは一切予約を取らないシステム。
常に満席状態が続く。30年以上、同じ状態というのがすごい。
こちらは5名、およそ20分ばかり並び席に着く。

席を采配するのはマダムである。
彼女が席を全て決めてゆく。
だが、オーダーなどのサービスは別の女性が担当でである。
食べ終わった食器を片付け、ぺーパーのテーブルクロスを変え、そこにナイフフォーク、グラスを置く。
この流れに全く無駄はない。
黒い服に白いエプロン姿の女性が動く。
ここでは男性従業員の姿を見たことがない。

オーダーはステーキの焼き加減と、飲み物のみ。
僕はミディアムレアを注文。
ワインはボルドー サンテミリオンの赤。
あとは到着を待つだけ。

まずはサラダが届く。
18021480-copy.jpg

クルミが乗ったサラダもずっと変わらず。
これを食べ、ステーキを待つ。



隣のテーブルは80歳を超えた父親とその息子らしき男性。
二人ともステーキを食べ終え、デザートに移った。
父親は、デザートに砂糖を何度もふりかける。
息子らしき男性は、父親の好みなのだ、と傍観状態。
食べ終わり、こちらが凝視していたことに気づいていたのだろう。
父親がステッキをつきながら笑顔で去って行った。
周りのテーブルは家族連れやカップルなど実に多彩。



やってきた。
フレンチフライがたっぷり。
18021485-copy.jpg

ステーキには辛子風味のソースがかかる。
フレンチフライにはマスタード。
部位はアントルコート。リブのところでステーキに最も使われるところだ。
赤身であり、噛むことで味わいが豊かになる。
肉を喰らうという感じで食べる。

どちらも無くなったところで、おかわりが入る。
お代わりというより、一度に全てを出すと冷めてしまうという配慮のようだ。
このお代わり、最初より多いのではないと思ってしまうほど。
まさにフランス人の日常食という感じがいいのだ。



デザートは、5名でバシュラン。
18021487-copy.jpg

メレンゲとアイスクリームとチョコレートソース。
しっかり甘い。



これにエスプレッソで締める。
18021489-copy.jpg



何度訪れても印象は全く変わらないのがすごい。






「Le Relais de Venise」
271 boulevard Pereire, 75017 Paris, France
+33 1 45 74 27 97

投稿者 geode : 2018年2月14日 10:41