« 「NAKATSUKA」 京都・姉小路堺町・フランス料理 | メイン | 「柏屋 大阪千里山」 大阪・千里山・日本料理 »

2018年2月 1日

「ヴェーナ」 京都・夷川室町・イタリア料理


サーヴィスの池本洋司さん(元「BOCCA del VINO」)と、料理は早川大樹さん(元「イル ギオットーネ」)の二人三脚で「ヴェーナ」を開き、一年が過ぎた。
広々としたカウンター、北欧の色合いを感じる家具類が美しい。

18020187-copy.jpg

この広さと心地の良さは特筆事項だ。



たっぷり入ったグリッシーニ。
18020189-copy.jpg



「スープのようなパスタのような」と。
百合根のスープにトルティリーニ。
18020191-copy.jpg

具材は、なんとフグとフグの白子。
百合根のスープにはフグの出汁とわずかな昆布出汁。
柔らかく心が豊かになってゆく感じ。



二皿目は「オコゼの料理です」と。
18020193-copy.jpg

縦一列に並んだビジュアルも美しい。
オコゼにはウスイエンドウのパウダーをまぶす。
菜の花、そら豆、オコゼの下には玉ねぎのピュレ、自家製からすみ。
この味わいのグラデーション。グッと「ヴェーナ」の世界に引き込まれた。



牛タンの赤ワイン煮込み。
18020195-copy.jpg

上にはチーズ、カリフラワーのスライス、胡椒のチップ。
この胡椒のチップがアクセントとなる。



鯨のウネス。
18020199-copy.jpg

ウネスとは顎から腹への部位で鯨ベーコンとなるところ。
それに燻製をかけ、野菜などをそれで巻いて食べる。
キンカンの爽やかさがきいている。



パスタはタリオリーニ。
18020101-copy.jpg

アワビとふきのとう。
アワビの肝は美味だが、ふきのとうのほろ苦さがよりそれを強調する。



ホワイトアスパラガスのリゾット。
18020103-copy.jpg

黒トリュフの香りが生きる。
アスパラガスと米のボリューム感が素晴らしい。



北海道厚岸の蝦夷ジカ。
18020106-copy.jpg

ラルドで巻いた蝦夷ジカのフィレ肉。
これが歯を入れると抵抗がない。
その柔らかさとスッキリした味わいに感動。
ブラックオリーブのソース。
原木椎茸と筍にニンニクのピュレ。
これが味噌のようなテイストだ。



りんごのキャラメリゼ。
(画像なし)
締めでまたインパクトあり。
と言っても決してガツンというのではなく、じんわりときいてくる。



プリンにミルクジェラートにイチゴ。
18020108-copy.jpg

シンプルながら、それぞれの個性が明確になったデザートは嬉しい。



エスプレッソにミニャルディーズ。
18020109-copy.jpg

18020111-copy.jpg



カウンター満席状態で、なんと女性より男性比率が少し高い。
年齢層もかなり高く 大人のレストランという雰囲気が濃密であった。






「ヴェーナ」
京都市中京区鏡屋町46-3
075-255-8757

投稿者 geode : 2018年2月 1日 10:02