« 「祇園大渡」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「NAKATSUKA」 京都・姉小路堺町・フランス料理 »

2018年1月10日

「くいしんぼー山中」 京都・桂・ステーキ


昨年末のこと。これも恒例となった「くいしんぼー山中」のタンシチューの会。
カウンター12名を占領。店名にちなみ、食いしん坊大集合である。

滋賀県「福永喜三郎商店」の近江牛一筋。
タンは、塩タンで食べる人が多く根元をシチュー用に確保してもらわないと成立しないのだ。



まずは、近江牛が用意される。
18011015.jpg

この小豆色の風景に一同歓声が上がる。



最初は、ジャガイモとバターのセット。
これは定番であり、ホッとする。(画像なしです)



タンシチュー。
18011017.jpg

これはいつも感じるのだが、さっぱりという形容詞がぴったりの味わいなのである。
すきっとした味わい。歯を入れるとほろほろと崩れてゆく様には毎年感動である。
「モノがええと煮込み時間も短いです」と主人の山中康司さん。



ヒラメのバターソース。
18011019.jpg

活けのいいヒラメは弾力が違う。
バターソースのコクにも負けない力がある。
ソースの懐かしさもごちそうである。



コンソメ。
18011021.jpg

これは逸品だ。口の中で牛肉のエキスが暴れるという感じだ。
暴れるのだが、それが上品で品格あり。



ステーキ。
18011025.jpg

これは口に含み歯を入れた時の香りが秀逸で、次に液体がうまみとなって駆け巡るのだ。
甘味はあるのだが、くどさはこれっぽっちもない。笑顔が生まれるステーキといえる。



ハンバーグ。
18011027.jpg

これは定番だが、これなしには「くいしんぼー山中」が終われない。
贅沢三昧のハンバーグ。素材の力を堪能する。



ビフカツ。
18011031.jpg

これも外せない。どれだけ食べるのかと、つい注文してしまう。



ガーリックライスとご主人が話すのだが、確実に牛肉の分量が半端ではない。
ビーフピラフと名付けたい一皿。
18011033.jpg



これだけ牛肉オンパレードでも、決して胸にもたれるなどの感じがないのがすばらしい。
2018年度の予定も決定したのであった。






「くいしんぼー山中」
京都市西京区御陵溝浦町26-26
075-392-3745

投稿者 geode : 2018年1月10日 10:27