« 「カセント」 神戸・県庁前・イノベーション | メイン | 「成生」 静岡・鷹匠・天ぷら »

2017年12月26日

「いふき」 京都・祇園・日本料理


祇園町南側 花見小路を東に入る。

「いふき」炭火焼きの名店である。

たしか先斗町から移転し6年が過ぎる。

スタッフも充実し、女将さんのサポートも見事。




まずは先付5種。
2017122665.jpg

タイラギ貝、北寄貝、剣先イカにウニ、車海老のカダイフ巻き、モロコ。

酒を呼ぶ味わい。






フグのたたき。
2017122671.jpg

これは白子の酒蒸しとポン酢でたべる。

適度な歯ごたえとかすかな香ばしさがテンションをあげる。




2017122675.jpg

ここでメインの焼きものを決める。




2017122677.jpg

造りは勝浦のマグロにシビマグロである。

辛味大根で食べるのもよし。脂分を辛味が包こむ。





白味噌仕立ての椀物。
2017122680.jpg

伊勢海老の味噌などをつかったしんじょうが出汁の中でほぐれてゆく。

そこにトリュフが香る。印象的な一品となった。





フグの白子の焼物。
2017122683.jpg

ここにはすっぽんのあんがかかる。
タケノコも入る。
熟成の百合根の甘味が秀逸であった。




2017122685.jpg

松葉ガニは焼きと蒸しを合わせ、そこの白子のピュレがかかる。

贅沢な味わいだが、これは少量でもインパクトあり。





短角牛のヒレ肉。
2017122687.jpg

すっきりした中にも滋味があふれる。





秋田の月輪熊。
2017122690.jpg

獣臭もまったくなく、ナチュラルな甘味あり。

下仁田ネギのピュレも生きる。




2017122689.jpg


特製生ハム。


2017122691.jpg

香り高い。





手打ちそば。
2017122693.jpg




締めはフグ雑炊。
2017122695.jpg

スルリと胃の腑に入ってゆく。





いちごと洋梨
2017122696.jpg

蜂蜜のジュレ。




2017122698.jpg

小豆とココナッツミルクのアイスクリームが入った冷たい最中。




非常にバランスの取れたコース仕立てになっていた。





「いふき」
京都市東山区四条花見小路南側四筋目東入ル六軒目
075-525-6665

投稿者 geode : 2017年12月26日 10:23