« 「点邑」 京都・麩屋町三条・天ぷら | メイン | 「タンポポ」 大阪・北新地・鉄板焼き »

2017年12月 6日

「まんてん」 大阪・谷町9丁目・焼肉


関西焼肉の女王・いかりんに教えてもらった谷町9丁目の「まんてん」という焼肉店。

17120678.jpg

体躯の大きな男性が14名集合。二つのテーブルとカウンターに分かれ、忘年会は始まったのである。
基本は宮崎の牛だが、一部なんと但馬玄(たじまぐろ)が入る。



スタートはモモと肝をローストビーフ状態で提供された。
17120620.jpg

このモモのローストビーフを口に含んだ瞬間、気持ちが綻ぶのが分かった。
しなやかで舌がしっかり寄り添うのであった。



出来たてのもやしのナムル。
17120621.jpg

生温かいナムルの実力を感じる。



タンは厚切りと薄切り。
17120623.jpg

薄切りが但馬玄である。
粘りのある味わいに舌が喜ぶ。



つづくラムシンも但馬玄。
17120633.jpg

17120636.jpg

さっぱりしながらも味わいが複雑。
歯が入るごとに液体がこぼれる。

じつは焼き方にも大きく左右されると感じる。



上ロースとミスジ。
17120640.jpg

17120643.jpg

これは上品かつインパクトがあり脂から滲み出るうま味がきれいだ。



幻のハラミである。
17120645.jpg

17120648.jpg

これは味が濃密というかなにしろ濃いのだ。



ホイル焼きは但馬玄のホルモン。
17120651.jpg

ここにキノコが加わる。



となりでクリと呼ばれるバラに近い部位を焼く。
17120653.jpg

17120655.jpg

17120658.jpg

これをホイルの中に入れすき焼き状態となる。
贅沢だが、その値打ちありの一品だ。



ホルモンは下からコリコリ、赤セン、ミノ、テッチャンである。
このホルモンの焼き方を学ぶことになった。
17120660.jpg

17120662.jpg



トウガラシ。
17120664.jpg

さっぱりとした色気だ。



ザブトン。
17120665.jpg

17120669.jpg

かなり脂の乗り切った状態。



ゲタカルビ。
17120672.jpg

これも脂が上質だ。



ウルテの食感が焼きによってこれほど変わるとは。
17120673.jpg

感動である。



テールスープラーメン。
17120677.jpg

これがしっかりとしたスープの勝利である。



若き夫婦のスタイルがじつに微笑ましく、またときおり現れる子供二人の存在も花を添えてくれるのだ。
やはり食は、人間の力だとまた感じたのである。
再訪を誓った。






「まんてん」
大阪市中央区谷町9-4-5 新谷町ビル 1F
06-4392-7373

投稿者 geode : 2017年12月 6日 10:44