« 「赤いうちわ」 兵庫・三木・牛肉 | メイン | 「文世食堂」 大阪・土佐堀・イタリア料理 »

2017年11月 8日

「京、静華」 京都・岡崎・中華料理


「京、静華」の宮本静夫さんは御年66歳。
まだまだ創作意欲の塊のような料理人である。
この日も刺激的な菜単が登場した。

上湯と湯葉。
17110856.jpg

上品この上ない味付けに心が穏やかになる。



皮付きバラ肉。
17110858.jpg

皮のカリッとした歯ごたえがうま味を呼ぶ。



1980年代に香港で流行った料理を現代・それも京都で再構築した献立。
ビワマスにフルーツ、野菜、クラゲがまじる。
17110860.jpg

スダチはレモンのかわりに酸味と香りつけ。



上海蟹とフカヒレのスープ。生姜風味の泡。
17110869.jpg

うっとりとする味わいだ。



クエの香り炒め。
17110874.jpg

銀杏がいい仕事をする。



イカ団子は中にザーサイがいこまれる。
17110882.jpg

下には生のザーサイ。食感とザーサイの融合だ。



牛ヒレ肉の四川風、唐辛子炒め。
17110884.jpg

辛味を調整するバランスが素敵だ。



上海風焼き饅頭。
17110887.jpg

黒酢の威力を感じる。



揚州炒飯。
17110890.jpg

ズワイガニ、干し貝柱、まきえび、イカ、帆立。
淡くも輪郭のしっかりした味。



杏仁豆腐。
17110892.jpg

定番の安定感。



丹波の栗に金木犀のスープ。
17110895.jpg

17110898.jpg



季節感満載で大満足。






「京、静華」
京都市左京区岡崎円勝寺町36-3 2F
075-752-8521

投稿者 geode : 2017年11月 8日 10:54