« 「ワインと和食 みくり」 京都・木屋町二条・ワイン | メイン | 「魚津屋」 京都・五条御前・日本料理 »

2017年10月24日

「洋食おがた」 京都・柳馬場御池・洋食


洋食を食べたくなることがある。
そのときにまず頭に浮かぶのが、ここ「洋食おがた」のことが多い。
そして考えるのが、焼津からどんな魚が入っているのだろうということ。
焼津の「サスエ前田魚店」から魚が入るようになり「洋食おがた」の魚メニューが生き生きし始めた。



定番のキャベツのマリネのサラダ。
17102494.jpg



カンパチのカルパッチョだ。
17102491.jpg

焼津からの入荷である。ねっとりとした濃さにうま味が充溢。
カラスミとワサビで、それが膨れる。



綾部・河北農園のルッコラとクレソンのサラダにローストビーフ。
17102496.jpg

ローストビーフは尾崎牛の内もも2ヶ月熟成。
そのむっちりした歯ごたえから生まれる味わい深さに、思わず頬がほころぶ。
野菜の元気の良さとの素敵なバランスを楽しむ。



焼津から届いたサバのフライ。
17102498.jpg

辛子、塩、生姜しょう油などで食べる。
すっきりしているのに濃厚感がある。魚の力を感じる。



マナガツオのフライが出た。
17102401.jpg

脂の濃さが印象的。タルタルソースの酸味がいい。



松茸のフライ。
17102403.jpg

これはウスターソースで味わう。



ハンバーグ。
17102405.jpg

17102408.jpg

尾崎牛と南の島豚のコンビネーション。
肉肉しい味わいはインパクトが大。



締めはビーフカツカレーだ。
ご飯は、河北農園の京のかがやき8割、コシヒカリ2割のブレンド。
17102411.jpg

バターで軽く炒めたご飯の甘味は秀逸。



そこに平井牛メスの31ヶ月育成 ラムシンの一ヶ月半熟成のカツレツ。
17102413.jpg

17102416.jpg

これはビーフカツカレーの新たな地平をみた感じである。



洋食の世界をたっぷり味わった。






「洋食おがた」
京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
075-223-2230

投稿者 geode : 2017年10月24日 10:11