« 「Droit ドロワ」 京都・寺町荒神口・フランス料理 | メイン | 「市川屋珈琲」 京都・五条馬町・コーヒー店 »

2017年10月 6日

「高台寺十牛庵」 京都・高台寺・日本料理


「高台寺土井」の地に「高台寺十牛庵」が誕生した。
中村外二工務店の手により、見事なリノベーションがなされた。

17100615.jpg

庭の手入れも素晴らしい。



まずはお通しから。
17100622.jpg

数の子、田作り、たたきごぼう。
緩やかにスタートである。



紅白なます。(画像無し)



ヒシガニと鮑。(画像無し)



椀物は鱧と松茸と冬瓜である。
17100626.jpg

季節感こそ日本料理の真髄。
それをきちんと伝えてくれる。



造りは鯛、マグロのトロ、雲丹。
17100627.jpg

17100629.jpg

黄身醤油がつく。



鯛の厚みのある味わいに舌が微笑む。
17100630.jpg

マグロは甘味である。



名月盛り。
17100632.jpg

里芋の葉っぱをあしらう。
カマスの焼物に鴨ロース、汲み上げゆば。
イチヂクの田楽に黒豆(大納言)、車海老。
日本料理の伝統を表現した一皿。



牛ヒレ肉と松茸。
17100635.jpg

これも季節の出会い。
ヒレ肉はさっぱりしながらも凝縮感あり。



琵琶湖の子持ち鮎。
17100636.jpg

ほろ苦さが印象的だが、名残の思いが伝わる。



炊合せは、ナスに三度豆など。
17100640.jpg

それぞれふんわりと味を含め、器の中で合わせる。
気持ちがたおやかになる。



甘鯛のご飯。
17100643.jpg

17100646.jpg

ご飯、一粒ひとつぶにまで神経が行き届いている。



香の物。
17100641.jpg



水物はシャインマスカット。
17100647.jpg



栗大福。
17100649.jpg



抹茶。
17100651.jpg



日本料理の組み立ては、かくあるべきという様式をしっかり感じる料理である。
「高台寺十牛庵」という舞台を得て、料理長・藤原誠さんの世界が構築されてゆくのだ。楽しみである。






「高台寺十牛庵」
京都市東山区高台寺桝屋町353
075-533-6060

投稿者 geode : 2017年10月 6日 10:37