« 「串揚げtoshico」 京都・下鴨北大路・串揚げ | メイン | 「八楽」 京都・下河原・中国料理 »

2017年8月 7日

「花いち」 名古屋・浄心・日本料理


ようやくたどり着いたという感じである。
数年前に友人から情報を得て、仲間に伝えたところ相当数が訪れ「あそこは旨い!」「最高やね」「天むすを食べないと・・」などの感想が山のように届いた。
その仲間の一人と「花いち」に足を踏み入れた。
住宅街の中、店名が分かるものが見当たらない。
期待感が膨らむ。

靴を脱ぎ、カウンターに座る。
献立がある。手書きの文字。
そこには「八千二百六十五蕃」という文字がある。
17080786.jpg

つまり、開店して以来8265日目の夜を迎えるということ。
どの料理も「食べてください」とささやきかけるようだ。
ご主人と奥様のコンビネーションが素敵だ。




酢みそ。
17080792.jpg

サザエ、げそ、青柳、パプリカ、アスパラが入る。
酢のあたりがとてもやわらかい。優しく胃袋にかろやかにアタック。



豆腐(自家)
17080793.jpg

少し舌にざらつきを感じるが、大豆の味わいが深い。
醤油をたらすと甘味がでる。この豆乳を飲むと、喉が鳴る。



水茄子・貝柱生姜みそ。
17080796.jpg

生姜みそにくるまれた水茄子の崩れ方と貝柱のうま味がいい。



だし巻き。
17080798.jpg

出汁のきいたふんわり加減が品をかんじさせる。



あなごと万願寺唐辛子。
17080700.jpg

さっと炊いた穴子の爽やかさと万願寺唐辛子のコクが見事に融和。



牛肉と茗荷の鋤焼。
17080702.jpg

やや甘めの味付け、この茗荷の存在感の大きさには驚き。



〆あじ握り。
17080704.jpg

うま味と脂分の素敵な出会いを楽しむ。



天むす。
17080707.jpg

これはこれまで食べた天むすのなかで上位にランクされる。
品格があるというか、ご飯と天ぷらのバランスの良さに感動。



味噌粕汁。
17080708.jpg

野菜がたっぷり入る。粕の甘味もポイント。



いなり寿司。
17080712.jpg

かなり水分の多いタイプ。



初めてやってきたのだが、お二人の優しさと美味に酔いしれた食事の時であった。






「花いち」
愛知県名古屋市西区児玉2-4-13
052-524-2876

投稿者 geode : 2017年8月 7日 10:50