« 「おさむちゃん」 大阪・堺・焼肉 | メイン | 「イノダコーヒ」 京都・三条堺町・コーヒー »

2017年7月28日

「紅紅火火」大阪・茨木・中華料理


元フランス料理の巨匠から号令がかかり食いしん坊が集まった。

料理長気合の入ったメニューの登場となった。



フカヒレの刺身。
17072824.jpg

タマネギと黒酢のエスプーマで食べる。

最初からインパクトのある献立。


9種類の前菜は圧巻だ。
17072827.jpg


17072828.jpg

厨房をみると調理は料理長一人。

これは仕込みに相当時間と手間がかかっているなと感じる。



炙り鱧とフカヒレの蒸しスープ。
17072833.jpg

自然とこぼれる笑みが味わいを物語る。



焼売は3種。
17072835.jpg

蒸し、焼き、揚げである。

揚げの椎茸がききフカヒレとの合わせ技に唸る。



なんとも豪快な酢豚。
17072838.jpg

金粉までというバージョンだ。



そこに松茸と大根の天ぷら。
17072842.jpg

酢豚の粘り強い歯ごたえ、それをくるむソースの粘着質な味わいも
天ぷらとのマッチングを考えてのことなのだろう。



車海老のエビチリソースだ。
17072845.jpg

贅沢な一品。



こちらの麻婆豆腐もタフな感じだ。
17072850.jpg

木綿豆腐はもちろんのこと、黒毛和牛の肉がしっかり入る。

それを四川の麻辣が包み込む。


17072853.jpg

香りが刺激的だ。

口の中でそれぞれの食材が個性を競うも、最後には香りと旨みが残る。



アメーラというトマトで一旦フラットに!
17072855.jpg



締めは巨大なフカヒレの煮込み。
17072857.jpg


17072864.jpg

繊維の太さに一同あっけにとられる。




ここまで推し進める原動力に脱帽状態。



杏仁豆腐も粘りある食感だ。
17072868.jpg



カウンターで繰り広げられた世界は強力であった。



「紅紅火火」
茨木市永代町8-30 大槻ビル 1F
072-623-6828

投稿者 geode : 2017年7月28日 10:17