« 「シャンボール」 大阪・リーガロイヤルホテル・フランス料理 | メイン | 「京都和久傳」 京都・京都駅・日本料理 »

2017年7月14日

「リストランテ野呂」 京都・二条・イタリア料理


6月13日、およそ1ヶ月前にオープした「リストランテ野呂」。
シェフの野呂和美さんは「ホテルグランヴィア京都」や「洋食おがた」で仕事を重ねたのちの独立。
二条駅近くである。
1階がカウンター、2階が個室という造りになっている。

基本のメニューはアラカルトからのチョイス。
店からの先付けは、人参のスライスサラダ。
17071453.jpg

軽い酸味と甘味のバランスで食欲が活発になる。




蛸とアンディーブと水茄子のサラダ。
17071456.jpg

ラディッキオや河内晩柑、ほおづきなど入りドレッシングには魚醤も使う。
その風味をかすかに感じる。



水茄子のバルサミコのマリネ。
17071458.jpg

酸味がいい。



テーブルに置かれたのは河北農園の賀茂茄子である。
17071459.jpg



鶏白肝レバーパテ 干しぶどうの香り
17071460.jpg

これは梅酒とグラッパを加えたという。
濃密な味わいにそれらの香りがプラスに作用する。



2種のアスパラのカルボナーラ仕立て
17071464.jpg

グリーンとホワイト2種のアスパラを麺に見立てカルボナーラに仕上げた。
コクと楽しさの逸品。アスパラは食感を活かすため生からソテーだ。



賀茂茄子のフリット。
17071466.jpg

皮はサクッと中はふんわり適度な食感を味わえる。



同じく賀茂茄子の揚げ浸し。
17071469.jpg

津軽のしょう油を使い、甘い風味が印象的。



リストランテ野呂メンチカツ ドミグラス バルサミコ
17071473.jpg

京都ポークと平井牛のミンチ。
しっかり胃袋を掴みとる味わい。
ドミグラスソースが活きる。



デザートはアマレット風味のパンナコッタ。
17071477.jpg

湯煎で一時間火入れをする。
凝固剤のたぐいが一切入らないので食感がとろんである。
この滑らかさは値打ちあり。



また異なるメニューを食べたいものだ。
パスタも人気のジャンルである。






「リストランテ野呂」
京都市中京区西ノ京職司町67-14
075-823-8100

投稿者 geode : 2017年7月14日 10:46