« 「とん太」 東京・高田馬場・とんかつ | メイン | 「Fujiya1935」 大阪・本町・スペイン料理 »

2017年6月23日

「洋食おがた」 京都・柳馬場押小路・洋食


エキサイティングな夜であった。
静岡から天ぷら屋の料理人、焼津から魚屋さんが「洋食おがた」のカウンターに座った。
少し前から、焼津の魚屋から、魚が届くようになった。
「どんな調理をされているのか見てでないと、どの魚を送ればいいかイメージが湧きませんから」と魚屋は熱く語る。

まずは、フレッシュチーズとトマトの前菜から始まる。
17062310.jpg

それを食べながら、メニューの相談である。



洋食屋の醍醐味 ポテトサラダだ。
17062315.jpg



コハダとトマト。
17062319.jpg

コハダの酸味とトマトの甘味。



冬瓜、うに、出汁のジュレがかかる。
17062323.jpg

気持ちがふっと抜ける一品。



さあ、鯵のフライが登場である。
17062332.jpg

前日水揚げされ、翌日「おがた」に到着した鯵だ。



半生状態の鯵。優しい触感と味わい。前回数日置いた味との差は歴然である。
魚屋さんと料理人の表情がほころぶ。
17062330.jpg

「ふっくらして、やわらかい」とお褒めの言葉だ。
これは見事な一皿となった。



淡路の伝助穴子のフライには、静岡勢も少し驚いていたようだ。
17062336.jpg



尾崎牛ランプのカツレツだ。
17062339.jpg

これは文句なしに旨い。



この牛肉!
17062343.jpg



ハンバーグも登場。尾崎牛と南の島豚を半々の割合。
17062346.jpg

17062350.jpg

脂は豚のを使う。牛の脂は融点が低いので取り除き、ソースに使う。



賀茂茄子カレーである。
17062351.jpg

夏の「おがた」の定番となった。
御飯は甘味があって旨い。賀茂茄子の塩梅もいいのだ。



オムライスも追加してしまった。
17062359.jpg



デザートもボリュームあり。
17062360.jpg



食材、調理法など話題が途切れることなく、じつに有意義な時間であった。






「洋食おがた」
京都市中京区柳馬場押小路上ル等持寺町32-1
075-223-2230

投稿者 geode : 2017年6月23日 10:41