« 「鮨 原正」 大阪・谷町9丁目・寿司 | メイン | 「あやむ屋」 大阪・福島・焼鳥 »

2017年6月 8日

「とんかつ食堂 熟豚」 京都・山科・とんかつ


まず、店頭の風景からして興味を抱く。
とんかつ愛に充ち溢れている。

17060853.jpg

17060837.jpg

熟豚。そう熟成の豚を使うのだ。
これが「中勢以」の豚なのである。
豚への思いの深さもひしひしと感じる。
調味料にも店主の思いが篭っている。
のれんも然りだ。思いの丈を伝えたいのである。



とんかつの評価で、じつはキャベツの存在は大きい。
17060842.jpg

まず、分量が問題。たっぷりなければならない。
水切りがしっかりなされていなければならない。
切ってからの時間も問題だ。シャキッとした感じも重要。
ここのキャベツは高いレベルである。



特上ロースかつ定食。
17060843.jpg

この脂身の美しいこと。
艶っぽい微笑みが語りかけてくるようだ。
甘い誘惑である。想像しただけに唾液がじんわり溢れてくる。
この想像を超える甘味だが、まとわりつくことなく、すっと引いてゆく。
熟成をきちんと重ねた豚の威力を感じ取った。



そしてカツカレーである。
17060847.jpg

カツとカレーは分かれ。
特徴のあるカレー。スプーンですくうとなかなか落ちてこないぐらいに粘度がある。これはルウの粘りだが、それは肉がしっかり溶け込んでいるのだ。
スパイシー感と肉のうま味の饗宴でもある。



そこにかつである。
17060851.jpg

程度な脂分がカレーを引き寄せるのだ。
この手もあったのかと想定外の驚きであった。



山科に驚くべきとんかつ屋を発見した喜びである。






「とんかつ食堂 熟豚」
京都市山科区御陵上御廟野町7 小堀マンション 1F
075-595-0295

投稿者 geode : 2017年6月 8日 10:14