« 「アコルドゥ」 奈良・水門町・モードスパニッシュ | メイン | 「とんかつ食堂 熟豚」 京都・山科・とんかつ »

2017年6月 7日

「鮨 原正」 大阪・谷町9丁目・寿司


「原正」は「ハラショー」に由来する。
これはロシア語の「素晴らしい」という意味である。
このネーミングを知ったときはいささか驚いた。
この日は、アテを3つで、そこからにぎりと続く。



鮑、蛸、青柳である。
17060709.jpg

17060711.jpg

17060712.jpg

「鮨 原正」を印象つけるネタだ。
舌に吸い付くというか歯を入れたときの分厚さが違う。
これには清酒が欲しくなる。



香の物の工夫がいい。
17060713.jpg

17060714.jpg



さあ、にぎりに進む。
イカ。
17060715.jpg

この包丁の入り方が大将・石川功さんの技。
甘味が半端ではない。寿司飯との一体感にも驚く。



アマテカレイ。
17060716.jpg



カツオ。
17060717.jpg



アイナメ。
17060718.jpg

寿司飯とネタが一緒になくなってゆく。



とり貝。
17060719.jpg

身が厚い。じんわりと甘味が滲んでくる。



中トロ、大トロ。
17060720.jpg

17060721.jpg

肌理の細やかさと上品な甘さが口の中で変幻自在。
あまりにも艶めかしい。



小柱。
17060724.jpg

歯ごたえの楽しさ。



穴子に鯵。
17060725.jpg

17060726.jpg

素材の良さと技術の結晶を感じる。



ハマグリは柚子で味を補う。
17060727.jpg

詰めでない風味との出会い。



ネギトロ。
17060728.jpg

海苔の香りとトロの甘味に笑みがこぼれる。



巻き寿司といなり。
17060729.jpg

17060730.jpg

この遊びココロもうれしい。



かんぴょうとコハダ・がり。
17060731.jpg

17060733.jpg

江戸前の仕事をしっかり味わい終了。



のどぐろやハモでじっくりとった出汁。
17060734.jpg

魚のうま味だけを抽出である。



抜群の安定感が全身をかけめぐる。






「鮨 原正」
大阪市天王寺区上汐3-8-9
06-6773-5518

投稿者 geode : 2017年6月 7日 10:40