« 「三条珈琲店」 京都・三条・珈琲店 | メイン | 「鮨 原正」 大阪・谷町9丁目・寿司 »

2017年6月 6日

「アコルドゥ」 奈良・水門町・モードスパニッシュ


モードスパニッシュと書いたが、じつはその領域をはるかに超えた感じがする。
奈良という土地と触れ、その魅力を存分に発揮する内容となっているのだ。
それをひしひしと感じる食事であった。

17060665.jpg

17060667.jpg



厨房のガラス面には、その日のゲストや概要などは記されるシステムも素敵だ。
17060668.jpg



一枚いちまいカードケースから出されるメニューも楽しい。
奈良のほうじ茶と柑橘の花。
17060673.jpg

17060672.jpg

これで身体がすきっとする。川島シェフの料理を食べるというスイッチが入る。



オリーブ。
17060674.jpg

17060675.jpg

オリーブオイルと共に味わう。心臓も。



アコルドゥのaを印したパン。
17060676.jpg



温かなモッツァレラ 冷たいトマトとホエー。
17060677.jpg

17060678.jpg

柔らかな温度とミルクのコクと酸味のマリアージュである。



葛城の田とシッタカ。
17060681.jpg

17060680.jpg

シッタカが貝だ。濃密な味わい。



野迫川のアマゴ 砕き胡瓜とディル。
17060682.jpg

17060683.jpg

鮎と胡瓜の再構築。



土の香りの芋 森の香りのソバ。
17060685.jpg

17060686.jpg

17060687.jpg

土と森、まさに時代を予感するアプローチ。



三輪山本の手延べ麺 牡蠣のタルタルとセロリ。
17060688.jpg

17060689.jpg

デュラムセモリナで作った手延べ素麺。苦味と爽やかさがうまく同居。



マルミタコ デ ボニート。
17060693.jpg

17060692.jpg

鰹と玉ねぎのエッセンスが生きる。



スズキのサルティアード ニラのクロロフィル
生ハムとアンチョビの葛。
17060695.jpg

17060696.jpg

葛の食感が微妙に作用する。スズキの火入れがポイント。



燻した大和肉鶏 奈良米と五條の山椒。
17060697.jpg

17060699.jpg

肉鶏の虜になるというのが分かる味わい。



八朔のクワハーダ 干し草のヴェール。
17060600.jpg

17060601.jpg

優しさに満ち溢れたデザート。

奈良の茶をチョイス。



カカオとほうじ茶のクズ
ミルクジェラートとたんぽぽ。
17060602.jpg

17060603.jpg

17060604.jpg

どこまでも奈良が迫ってくる。



僕はエスプレッソでしめた。
17060607.jpg



その土地で料理を作るということを考え抜かれたメニューであった。
これからのスタイルを示唆していると感じた。






「アコルドゥ」
奈良市水門町70-1-3-1
0742-77-2525

投稿者 geode : 2017年6月 6日 10:48