« 「ほうば」 大阪・北新地・韓国料理 | メイン | 「Basic」 札幌・西10丁目・珈琲店 »

2017年5月22日

「木山」 京都・堺町竹屋町・日本料理


4月25日開店したばかりの日本料理店「木山」。
「和久傳京都」(京都駅)の料理長であった木山さんが独立を果たした。
マンションの1階とは思えない設いは、気持ちを落ち着かせる効果がある。

17052298.jpg



お通しは、ワタリガニとコシアブラ。季節の贈り物である。
17052254.jpg



カウンターの隅では、スタッフが鰹節を削る。
17052256.jpg

このライブ感は凄い。
当然のことながら、あの鰹はどこで生かされるのだろうという期待感が生まれる。
この作用は大きい。



椀物は、鯛の白子・新じゃがいも饅頭・根セロリのすりながし。
17052257.jpg

コクが何層にも重なった舌触りで気分が高揚する。



造りは石鯛とのびる。
17052259.jpg



続いてマグロだが、和辛子との相性で甘味が増長される。
17052262.jpg



椀物は、アブラメである。
17052266.jpg

すっきりくっきり、うまみたっぷりだ。



筍には卵黄とカラスミ。
17052268.jpg

この重ねは待ったなしのうまさだ。



天ぷらは、ウド、タラの芽、稚鮎など。苦味のオンパレード。
17052270.jpg



くじらのベーコンと茎山葵の梅あえ。
17052273.jpg



ぷっくりした牡蠣に湯葉とウニ。
17052276.jpg

攻めの料理だ。



香の物と削りたての鰹節。
17052278.jpg

視覚からのインパクトが鮮烈。



牛肉にゅうめん。
17052281.jpg

味の濃淡がうれしい。



かつお丼。
17052284.jpg

ここに鰹節をかけてもよし。



ブラッドオレンジのドリンク。
17052286.jpg

これにて口内フラットになる。



百合根の茶巾。
17052288.jpg



抹茶で締める。
17052294.jpg



開店当初であるが、まとまりのある展開。






「木山」
京都市中京区堺町通竹屋町下ル西側
075-256-4460

投稿者 geode : 2017年5月22日 10:52