« 「イタリア料理みたに」 長野・松本市・イタリア料理 | メイン | 「三水館 その1」 長野・鹿教湯温泉・宿 »

2017年4月19日

「草如庵」 長野・東御市・日本料理


昨秋以来二度目である。
昨秋はキノコをたっぷり味わった。
今回は山菜三昧である。
静謐とした空間で味わう料理もいいものだ。

17041968.jpg

17041969.jpg



奥様が運んできたのは寿司。
17041937.jpg

こごみ、うるい、行者にんにく。
香りと食感が春を告げる。



造りは蕪の器に入る。
17041941.jpg

信州サーモンの上に蕪のうらごし、つくしが乗る。
蕪のうらごしの役割は大きい。
サーモンの味わいを際立たせた。



椀物は大きなハマグリに青海苔である。
17041945.jpg

ハマグリの味わいの濃厚なことに青海苔の香りがいいアクセント。
素敵な塩梅である。



山菜三昧。
17041947.jpg

17041948.jpg

タラの芽を揚げて和える。
わらびの辛子味噌。
もみじかさだけ(しどけ)と岩茸。
なかんぞうとホタテ。
花わさびにつぶ貝。



焼物は
イノシシの味噌焼きとタケノコに柚子酢。
17041951.jpg

イノシシの脂が蜜のように甘い。



炊合せは
のびる、人参、椎茸、長芋とキャベツのひろうす。
17041954.jpg

このひろうすが記憶に残る。



御飯は
なずな、ふき、セリ、生姜である。
17041958.jpg

17041959.jpg

ふきの香りと生姜の味わいが印象的である。



牛乳のアイスクリームに小豆、イチゴ。
17041962.jpg

ふきのとうマカロン。
このデザートも春爛漫である。



この季節をしっかり楽しんだ食事であった。
秋にはまた訪れたい。






「草如庵」
長野県東御市布下165
0268-67-3910

投稿者 geode : 2017年4月19日 10:48