« 「星のや京都」 京都・嵐山・宿 | メイン | 「十五」 京都・銀閣寺・蕎麦 »

2017年4月 4日

「ひとくち」 大阪・西天満・日本料理


先輩に連れられ「ひとくち」ののれんをくぐったことを思い出した。
若女将になってからは4年ほど前にでかけた。

老舗らしい空気感がきちんとまもられているのが、とても心地がいい。
何故か時代の残像が、そのまま存在している感覚にもおちいる。

そこにういういしい緊張感が見え隠れするのもまたいい感じだ。
柔軟な姿勢と訓練が行き届いた若女将の動きがそのものである。



お通しはごま豆腐である。
17040448.jpg

ねっとりと弾力あり。



ぬたは味噌と酸味のバランスが勝負。
17040450.jpg



ここではどて焼きが外せない。
17040452.jpg

やっぱりクセになる味わいだ。



おでんの盛り合わせは、しっかりだしがしみている。
17040454.jpg

しみているのにくどくない。



豚の角煮も名物。
17040455.jpg

これは中華料理から日本料理になった典型だ。



筍の木の芽和え。
17040456.jpg

この季節ならではの苦味と甘味の出会いの愉しみ。



だし巻き。
17040458.jpg

ふんわり、じんわり、うっとり、やんわり。
気がつけばしっかり胃袋に収まっている。



アスパラガスの天ぷら。
17040459.jpg

衣でコーティングされたアスパラガスの瑞々しさが魅力だ。



焼き鳥。
17040460.jpg



稲庭うどんで締める。
17040461.jpg



酒を飲みながら男性4名の宴会であった。
今回はラジオの番組を作るスタッフと「門上西林物見遊山」も半年を過ぎたので、反省と今後の企みも含んだ宴である。






「ひとくち」
大阪市北区西天満4-5-25
06-6361-9048

投稿者 geode : 2017年4月 4日 10:57