« 「くいしんぼー山中」 京都・桂・洋食 | メイン | 「ひとくち」 大阪・西天満・日本料理 »

2017年4月 3日

「星のや京都」 京都・嵐山・宿


船に揺られて宿に向かう。
僅かな時間だが、気分が高まる。
夏の頃なら鮎だろうなどと想像をたくましくする。

ゆったりしたカウンターに座る。
五味自在と書かれた献立がある。

17040310.jpg

それを開くときから食事は始まっている。
カウンターは、厳粛と覇気が交差している空間である。
その狭間を食べ手がいかに振る舞うか。それも食事の愉しみだ。



料理人の動きが空気を動かす。
微細な動きやダイナミックに流動するときもある。
「星のや京都」のカウンターは、十二分にその愉しみを教えてくれた。
料理は一期一会である。夢のように儚く、またしたたかに記憶の襞に思いを閉じ込める。

弥生・五味自在
3時間弱の食事であったが、そんな思いを巡らすことができた。
儚いのは思いであって、料理は強靭な精神に裏打ちされた世界がある。



先附
清流レタスの萌木寄せ
17040313.jpg

甘海老昆布締め レタスはムース仕立て



八寸
17040314.jpg

春爛漫の肴核
鯛子旨煮
飯蛸桜煮
筍塩子和え
子持ち諸子木の芽焼き
蛤時雨煮
鱚手毬
化粧豆
味の強弱が見事な設え。



向附
変わり造里小春仕立て
17040318.jpg

竹筒に立体的に盛り込まれる。
鯛、ふきのとう、白子、塩水うに、わらび、ここみなど春の食材がぎっしり。



椀物
桃花餅白味噌仕立て
17040319.jpg

連子鯛が使われる。



焼物
鰆新菜種焼き
17040320.jpg

菜種の香りが印象的



強肴
牛フィレの炭火焼きと旬野菜の含メ煮
17040322.jpg

17040323.jpg

レアでありながら火はきっちり入る。



御飯
筍飯
17040325.jpg

17040327.jpg

筍と穴子の饗宴



デザート
季節のデザート
17040328.jpg



水菓子
季節の果物
17040331.jpg



めくるめく時間の流れであった。






「星のや京都」
京都市西京区嵐山元録山町11-2
0570-073-066

投稿者 geode : 2017年4月 3日 15:52