« 「酒処てらやま」 京都・先斗町・日本料理 | メイン | 「ろはん」 京都・祗園・日本料理 »

2017年3月 8日

「中国菜エスサワダ」 大阪・西天満・中華料理


やはりクリスピーチキンである。
茶褐色の皮目の火入れ。
じつは、中身の骨の部分は若干浅い火入れ。
極端なことをいえば、この骨のまわりの味わいこそが勝負である。
何度か「中国菜エスサワダ」の鶏の火入れを体験しているが、この微妙な感覚こそサワダさんの真骨頂といえる。
熱い油を鶏にかける姿を見ていると、サワダさんの真剣度が伝わってくるのだ。

広東料理をベースとしながら、他の地域の料理法にもチャレンジする。
そのアグレッシブなスタイルがうれしい。

フォアグラの紹興酒漬けに林檎とパイ、梅のソース。
17030812.jpg

一口で食べるのだが、林檎と梅のアクセントがいい。



ローストダック
ピータン
アオリイカ
クラゲの甘酢
ミズダコ
17030821.jpg

定番の安定度もよし。



ローストダックのもも。
17030822.jpg



春巻きはアスパラガスとホタルイカ。
17030828.jpg

これは春を告げる一品。



あこうと季節野菜の炒めもの。
17030830.jpg

姿は地味だが、贅沢な味わい。



すっぽんの煮込み。
17030834.jpg

粘りとコクの勝利だ。



クリスピーチキン。
17030837.jpg

17030838.jpg



ラーメン。
17030840.jpg



杏仁豆腐のジンジャーソース。
17030843.jpg



ゴマ団子。
17030845.jpg



今回は定番メニューだが「次回はまた違ったアプローチします」。
愉しみを誘う言葉が、店をあとにするときに届いた。






「中国菜エスサワダ」
大阪市北区西天満4-6-28 ニュー真砂ビル 1F
06-6809-1442

投稿者 geode : 2017年3月 8日 10:03