« 「マチェレリーアディタケウチ」 大阪・福島・炭火焼きとワイン | メイン | 「中国菜エスサワダ」 大阪・西天満・中華料理 »

2017年3月 7日

「酒処てらやま」 京都・先斗町・日本料理


先斗町と木屋町を結ぶ路地に昨年末のれんを掲げた店。
「酒処てらやま」は、素敵な店である。

17030751.jpg



この季節ならではの花わさびと牛肉のたたきが目に入る。
17030739.jpg

口に含むと花わさびの香りと辛さが優しい。
そこの牛肉の味わいと甘さが絡む。
この出会いにうっとりするのであった。
牛肉と花わさびの麗しい相性でもある。
極端なことをいえばこの一品だけで、この店が好きになるくらい。



まだ夜風が冷たい時期におでんは魅惑的だ。
大根、ひろうす、新たまねぎ。
17030738.jpg

想像以上に出汁の味がしゅんでいる。うれしい。



蛤のお椀は貝類のエキスに充ち溢れていた。
17030740.jpg



牛タンスープの春雨。
17030742.jpg

これもスープの味わいが濃厚である。
そのうま味で春雨が生きる。



せろりのきんぴらはさっぱりしていて、かつほのかな胡麻の味わいで、パクパクとどんどん食べてしまう。
17030741.jpg



焼き茄子の胡麻和え。
17030743.jpg

胡麻がたっぷりかかっているのが特色。
胡麻のコクが茄子との邂逅を喜んでいるかのようだ。



だし巻きは、巻き具合といい出汁の含み加減も見事だ。
17030744.jpg



大黒しめじの焼き物は、しめじ自体から滲む液体が魅力である。
17030746.jpg



えんどう豆ごはんは香りが命だと実感した。
17030749.jpg

春の訪れを感じながら、おかわりである。



非常に居心地のよい一軒である。






「酒処てらやま」
京都市中京区鍋屋町212-3
075-255-3357

投稿者 geode : 2017年3月 7日 10:19