« 「肉家かぐら」 京都・上鳥羽・焼肉 | メイン | 「星のや東京」 東京・大手町・宿 »

2017年2月21日

「唐菜房 大元」 大阪・西天満・中国料理


大阪西天満は中国料理激戦区である。
今回は「唐菜房 大元」の2階で、7名の会食。

クラゲの頭の部分は、甘酸っぱくかつ辛味も感じる味わい。
17022170.jpg

これはスタートとして心地がよい。
一気に胃袋が刺激を受け食欲が高まる。



牡蠣の唐揚げだが、えび味噌の発酵のうま味と四川の二種の辛味がきいている。
17022171.jpg

これもインパクトあり。



平目ときくらげ。
17022172.jpg

これは紹興酒の酒粕で味付け。その発酵香が特徴である。



里芋餅。
17022173.jpg

大根餅のバリエーションだが、なかに腸詰めが入り、ピーナッツオイルで焼くので軽さが生まれる。
腸詰めの脂分などが里芋の存在を目立たせた。



具だくさんのスープ。
17022174.jpg

烏骨鶏、衣笠茸、河豚、ハクサイシンなどが入り、チンタンで味をととのえる。



皮付き豚肉と豆苗。
17022178.jpg

17022180.jpg

17022181.jpg

これが滅法旨い!



黄ハタの蒸しもの。
17022184.jpg

これは中国料理の華である。
緻密な身質が特徴である。



河内鴨のオレンジ煮込み。
17022187.jpg

鴨とオレンジは見事な相性。



締めの鯛めし。
17022190.jpg

17022191.jpg

雲丹がコクを出す。トリュフオイルで香り付け。



豆乳とクリームチーズのプリン。
17022193.jpg



素晴らしい流れであり、会話がすごく弾むディナーとなった。






「唐菜房 大元」
大阪市北区西天満4丁目5-4
06-6361-8882

投稿者 geode : 2017年2月21日 10:34