« 「山田チカラ」 東京・麻布十番・イノベーション | メイン | 「オテル・ド・ヨシノ」 和歌山・手平・フランス料理 »

2017年2月14日

「芦屋たか木 日々好日」 神戸・芦屋・日本料理


入り口がわかりづらい。
仲間が次第に集ってくる。
扉を開け二階にあがる。このアプローチも秘密めいていていい。
8名のテーブル席と4名のカウンターに別れる。
僕は、カウンター組であった。

ご主人の高木一雄さんが、カウンター内で仕事をすすめる。
その姿が麗しいのだ。



2月のテーマは節分であった。
小さな皿には河豚の霜降り、ロマネスコ、菜の花、一寸豆、人参などが入る。
17021468.jpg



横の器には大豆。
17021469.jpg

まさに節分の風景である。



八寸は
お稲荷さん、畑菜、海老に唐墨、ブリ、鯛、マグロ、数の子のみぞれ和え、ほうれん草に雲丹とキャビア。
17021471.jpg

このほうれん草がことのほか甘い。



この日の本命は鍋である。
まずは野菜が置かれる。
17021473.jpg

ラディッキオ、ポワロー、葉ブロッコリー、セルバチコ、セリ、レンコン、水菜、チコリ、サニーレタスなど。



そして丹波の熊だ!
17021475.jpg

この脂の美しいこと。この色合だけでうまさが伝わってくる。



熊は脂が命!上品かつ甘さが柔らかい。
17021479.jpg



じつは野菜のチカラが想像以上であった。
17021481.jpg

味が詰まっている。一つひとつのインパクトが強烈である。
これは驚いた。



猪も入る。
17021483.jpg

これもまた脂の産物である。



その出汁を使ったたけのこ蕎麦。
17021485.jpg

うっとりである。



三宝柑に入った蜂蜜、レモン、ヨーグルトのソルベ。
17021487.jpg

これですっきり。



仲間が集まるには楽しい空間と時間である。






「芦屋たか木 日々好日」
兵庫県芦屋市船戸町5-26 1F・2F
0797-35-7667

投稿者 geode : 2017年2月14日 10:28