« 「マッカリーナ その2」 北海道・真狩村・オーベルジュ | メイン | 「レストランアベ」 神戸・加納町・フランス料理 »

2017年2月 9日

「レストラン モリエール」 北海道・札幌・フランス料理


北海道2泊3日の旅。
最後の食事は、札幌の「レストラン モリエール」である。

オーナーシェフの中道博さんは、今回の旅をアレンジしてくれた人物。



スタートは
玉ねぎのキッシュ風タルト。
17020901.jpg

温かい料理である。外は積雪、そこから入ってきたお客さんを迎えるに相応いい料理だ。



続いてごぼうのポタージュ。
17020904.jpg

これもかなり熱く、いったいこの小さなカップの中にどれだけのごぼうが詰まっているのか。
身体が温まる。



そして百合根のスープ。
17020907.jpg

これは泡状で非常に軽やか。百合根の甘味がほっこりする。
これも温かい。



ふきのとうのフライは中に帆立のムースをしのばせる。
17020908.jpg

春の香りが身体に入ってゆく。



春野菜サラダ。
17020910.jpg

かなりの種類の野菜が入るが、これも生温かい。



ボタン海老!
17020912.jpg

17020913.jpg

この甘さは何だと!と叫びたくなるような甘味である。
頭の部分もしっかり食べてしまう。



アワビのソテー!
17020918.jpg

真っ黒という姿も迫力あり。



イカスミのリゾットが付け合せ。
17020919.jpg

アワビの火入れは、弾力と味わいの融合が見事だ。
そしてリゾットが加わることで別の食感もプラスである。



紅茶とレモンのソルベで、流れにアクセントをつける。
17020920.jpg



次は鹿の料理。


鹿のハツ。塩のきかせ方は素晴らしく、鹿の味わいが増幅される。
17020923.jpg



メインは鹿のフィレ肉。
17020927.jpg

この火入れに唸る。表面のカリッとした感じと中のエロティックなまでの色艶と血の味わいに感服であった。



付け合せも申し分ない。
17020928.jpg



アヴァンデセールはグレープフルーツとわさびのソルベ。
17020929.jpg

口の中がすっきり。



ババは清酒が含まれる。このふんわり感も秀逸であった。
17020932.jpg



おまけにシュトーレンも。
17020936.jpg



宮崎産金柑たまたま。これが甘い。
17020937.jpg



エスプレッソで締める。
17020939.jpg



北海道の旅の終わりがこのレストラン。
また訪れたいと心から思う。






「レストラン モリエール」
札幌市中央区宮ケ丘2-1-1 ラファイエット宮ヶ丘1F
011-631-3155

投稿者 geode : 2017年2月 9日 10:52