« 「レストラン ビブレ その1」 北海道・美瑛・オーベルジュ | メイン | 「エグ・ヴィヴ」 北海道・小樽・ベーカリー »

2017年2月 3日

「レストラン ビブレ その2」 北海道・美瑛・オーベルジュ


このレストランで働く人々の笑顔と姿勢。

その素晴らしさがひしひしと伝わってくるのがなによりの喜びである。



さて、昨日からの続きである。

メインはコック・オ・ヴァン。

鶏の赤ワイン煮込みである。

パン生地で蒸煮ができるようにパン生地で周りを固め、薪窯で約30分。
17020322.jpg


山崎シェフが仕上げにかかる。
17020324.jpg



出来上がったコック・オ・ヴァン。
17020338.jpg

一口目は、やや淡いかなと感じたが、

なんと二口目から見事なねばりと赤ワインのコクだ。

鶏にも適度な赤ワインの刺激があり、煮込みとはこの塩梅かと思わせた。



締めのミルフォイユ。

このサイズは初体験。
17020341.jpg

ふんわりと焼けた軽さとサクッとした口当たりに驚愕し、感動を呼ぶ。



添えられたイチゴのソース、これで感動が高まるのであった。
17020344.jpg

あとは暖炉の前でコーヒーとなり、夕食は楽しく終了した。



美瑛料理塾の塾生たちの働きもすばらしく、

料理の原点に触れた感じを受け取ったのである。




快適な睡眠を終え、朝食の時間となる。


レストランに行くとパンたちが待ち受けていた。
17020351.jpg

この焼き色と香りに一気に胃袋が起き出してくる。



テーブルの皿は、みんな模様が違っていた。
17020352.jpg



パンがレストランの一部として見事に馴染んでいるのは素晴らしい。
17020353.jpg



バターとミルクジャム、ママレード。
17020355.jpg



焼き立てのクロワッサン。
17020357.jpg

まさに窯から出てきたばかりである。

温かく、かつサクサク感でハラハラと口の中で崩れてゆく。



半熟卵のカルボナーラというメニュー。
17020358.jpg

半熟卵のソースは牛乳、卵の上には細かくしたベーコンとチーズ、

そして黒胡椒とカルボナーラに必要な要素がすべて揃っている。


傑作である。



締めはグレープフルーツと金柑。
17020360.jpg

この金柑の身質がこれまでの金柑とはまったく異なる。




コーヒーとミルクがサーブされ、自分たちの好みでカフェ・オ・レをつくる。



一泊二食の「レストラン ビブレ」。

オーベルジュの愉しみを満喫したのであった。

季節を変え、またやってきたいと強く思った。



「レストラン ビブレ」
北海道上川郡美瑛町字北瑛第2
0166-92-8100

投稿者 geode : 2017年2月 3日 10:59