« 「中勢以 月」 京都・東山・洋食 | メイン | 「祇園 大渡」 京都・祇園・日本料理 »

2017年1月18日

「楽味」 京都・祇園・日本料理


コースではなくアラカルト。
少しずつだが、このスタイルの日本料理店が増えている。
割烹本来の姿といえるのだが、かつての割烹スタイルとはまた異なる。
そんな時、椀物を頼むことが少ないのが不思議である。

昨年末に訪れた記録。
京都の街に冷たい風が舞っていた。

その日の先付けはすっぽんの玉締め。
17011827.jpg

生姜がきいた味わいは身体を温める。これはうれしい一品である。



続いて赤貝のてっぱい。
17011830.jpg

ここまでは店側からの提供である。



ネタケースに入った食材を眺め、悩む。
17011832.jpg

17011834.jpg

料理人のおすすめを聞きながらも、こちらの食べたいモノも探す。
この葛藤も楽しい。



コッペガニ。
17011836.jpg

これは年内の定番ともいえる。
うま味の凝縮度は、見事である。
言葉少なくモクモクと食べる。



フグのぶつ切りにあん肝ソース。
17011838.jpg

これも冬ならではの献立。



ナマコ。口休めだ。
17011839.jpg



造りは、鰆、タコ、つぶ貝、ヨコワである。
17011842.jpg

質の良さが舌を覆いこむ。



クエの焼霜に蕪とカラスミ。
17011844.jpg

これもいいバランスでクエのうま味が生きる。



さりげなくほうれん草のおひたし。
17011850.jpg



フグの唐揚げ。これはテンションが上り、次第に無口になってゆく。
17011851.jpg

しゃぶるという行為が必要だ。



油揚げの焼き物。
17011854.jpg

ほっこりする。



クエのあら炊き。
17011858.jpg

濃厚な味わいはご飯を呼ぶ。



しいたけの焼き物。
17011860.jpg

素朴が力を発揮する。



牛肉も外せない。
17011862.jpg

おろしとわさびで・・。



熊の登場。この脂身の美しさ。
17011865.jpg

17011866.jpg

甘味が凄いことになっている。



だし巻きでご飯という段取り。
17011867.jpg





17011868.jpg

17011870.jpg

これが熊の鍋仕立てである。



わいわいやりながらの食事会であった。






「楽味」
京都市東山区祇園南側570-206
075-531-3733

投稿者 geode : 2017年1月18日 10:32