« 「鰻 にしはら」 大阪・谷町4丁目・鰻 | メイン | 「中国菜エスサワダ」 大阪・西天満・中国料理 »

2016年12月16日

「じん田」 大阪・天満・鰻


2日連続鰻ニュース。

今日は、いまや絶滅の危機にひんしている、関西風の焼き方。
関東との違いは腹開き、蒸しをかけずに地焼である。
よって鰻の弾力が圧倒的に異なる。
皮目はカリッと焼きあがり、中身はふんわりに近い弾力がある。
焼き立ての関西風の味わいは、また格別だ。

そのスタイルを絶やさないために頑張り続けているうなぎ屋が大阪・天満、天満市場の近くにある。
1階店頭にはショーケースがあり、そこでは蒲焼きやうまきを始め、鰻を使った料理が数種並んでいる。



この日はうまきから始まる。
16121688.jpg

卵と鰻の合体。これはまろやかさと鰻の持つコクとはみごとに融合した一品といえる。
店ごとの特徴もよく現れる。ここは鰻の存在感あり。



そしてうな重。
16121692.jpg

フタをあけるとぼってりとした鰻がいる。
たれをまとう。
箸を入れるが、関東風のようにすっと箸が入るわけではない。
抵抗感を覚えながらも鰻を切り分け、まず口に運ぶ。
皮目のしっかりした歯ごたえ、おお!関西風の特徴だ。
つづいてご飯と一緒にかっこむ。
関東風のような一体感とはことなるが、若干噛むことでの嬉しさを感じる。



締めは半助豆腐にした。
16121695.jpg

半助は鰻の頭であり、頭をつけたまま焼く関西風にのみありうる一品。
このタレの味を含んだ半助と豆腐を一緒に煮込んだ献立。



懐しさを覚えながら箸を動かしていた。






「じん田」
大阪市北区池田町7-6
06-6882-5005

投稿者 geode : 2016年12月16日 10:49