« 「センプリチェ」 京都・中書島・イタリア料理 | メイン | 「中国料理古月 新宿」 東京・新宿御苑・中華料理 »

2016年12月12日

「百春」 京都・寺町通・コーヒー店


タマゴサンドの洗礼を受けたのは20歳代半ばのこと。
エッセイストの松山猛さんに連れていかれた「コロナ洋食店」のタマゴサンドである。

大きなオムレツを焼き、それを折りたたみ正方形に整形する。
それをパンに挟むわけだ。パンより卵焼きの面積のほうがはるかに大きい。

これは衝撃であり、僕のタマゴサンドのスタンダードになっていたのである。
「コロナ洋食店」は店を閉じたが、そのレシピは「マドラグ」という店で継承されている。




さて、寺町通りの「百春」というコーヒー店のタマゴサンドも秀逸であった。
コーヒーは深煎りをオーダー。
16121249.jpg



登場したタマゴサンドの迫力。卵4個使用という。
16121254.jpg

卵の断面はつややかに煌きをみせる。
少し付けられたソースの甘味もプラスされ、卵のコクが強調される。
深煎りのコーヒーとの相性も素晴らしい。



寺町通りの小さな建物の二階にある魅力的な空間である。






「百春」
京都市中京区常盤木町55 種池ビル 2F
075-708-3437

投稿者 geode : 2016年12月12日 10:00