« 「蓮香」 京都・新門前・中華料理 | メイン | 「おさむちゃん」 大阪・堺・焼肉店 »

2016年12月 7日

「米増」 大阪・福島・日本料理


大阪・福島に新しくのれんを掲げた割烹店「米増」。
建築は木島徹さん。京都の「うえと」「柳野」「直珈琲」などを手掛けた人物だ。土壁と木を巧みに使った内装は木島さんの香りが漂っている。

16120780.jpg



伊勢海老と新米のお通し。
16120784.jpg

新たな意気込みを感じる一品。



くじらと水菜の酢味噌和え。
16120787.jpg

くじらの甘味が生きる。



椀物は甘鯛、蕪。
16120791.jpg

昆布は利尻の二年熟成を使うと。大阪は真昆布を使うことが多いが、こちらは利尻産である。すっきりした味わい。



造りは鯛とウニ、イカ。
16120794.jpg

質の良さがストレートに伝わる。



新潟の真鴨に岡山のごぼう。
16120799.jpg

山椒醤油がいい働きをする。鴨の身質のきめ細やかなことに驚き、味わいの繊細さにも感動。ごぼうは力強さの現れだ。



鴨の心臓。
16120700.jpg



八寸。
16120701.jpg

16120703.jpg

季節感満載。
柚子釜にはせこ蟹、サツマイモに塩雲丹、サンマの酢締めなど視覚的にも晩秋から初冬の香りである。



琵琶湖のモロコ。
16120705.jpg

16120706.jpg



鮑と海老芋の天ぷら。
16120709.jpg

磯の香りが弾け、海老芋はサクッとの中にネットリ感。



二八そばは大根おろしで。このそば、エッジが立っていてお見事。
16120712.jpg



ご飯のお供にかますの焼き物にゴマ醤油、ちりめん山椒、香の物。
16120714.jpg



たっぷりのいくら。
16120717.jpg



柿と洋梨のアイスクリーム。
16120718.jpg



亥の子餅。栗とこしあん。きちんと旬のお菓子を用意である。
16120722.jpg



抹茶。
16120724.jpg



これからどのように変化し成長してゆくか楽しみである。

16120725.jpg






「米増」
大阪市北区大淀南1-9-16 山彦ビル1階
06-6345-1107

投稿者 geode : 2016年12月 7日 19:47

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://180.222.81.174/cmt/mt-tb.cgi/707