« 「とんかつ小ばやし」 大阪・茶屋町・とんかつ | メイン | 「じん田」 大阪・天満・鰻 »

2016年11月18日

「チェンチ」 京都・岡崎・イタリア料理


「今年は『チェンチ』でやりましょう」と知人が夏頃から決めていた集まり。
男性・女性3名ずつの宴である。この季節ならではの白い塊をテーマにした食事会。
いかに白トリュフの香りを楽しむかである。


16111838.jpg

16111897.jpg


スタートはペルシュウ。
16111801.jpg

これは岐阜のボン・ダボンの製品で艶めかしい味わいは秀逸。
サクリと焼けたトーストにモッツァレラチーズとうずらの卵の半熟、そしてペルシュウがのり、白がかかる。一緒に食べると香りとコクがどっと押し寄せる。



蕪、河豚、白子と書かれたメニュー。
16111802.jpg

16111804.jpg

ソースは白子のピュレ、厚切り河豚と蕪の食感に違い。特に厚切り河豚は噛むことの楽しさを味わう。
そこに白の香りがエールを送る。



ジャガイモ、栗、ゴルゴンゾーラ。
16111806.jpg

16111808.jpg

ニョッキだが、栗は太白ですっと素揚げ。この香ばしさとカリカリ感がいい。
ゴルゴンゾーラと白の饗宴のまた艶めかしい。



蕎麦、穴子。
16111811.jpg

16111814.jpg

蕎麦の実のサクリに穴子のふんわりした食感、そこに白が加わり、白の脅威を感じる一皿。



ヨーグルト、雲子。
16111816.jpg

16111820.jpg

雲子のフライは季節の定番、そこにヨーグルト・タルタルの酸味をプラス。
白は酸味と意外なくらいに寄り添っていた。



牛蒡、牛テール。
16111821.jpg

16111824.jpg

パスタである。そこにテールの濃厚さと牛蒡の食感。
白は香りを添える。
通常はパスタが締めなのだが、この日はパスタのあとにメインがきた。



メインは百合根、ポルチーニ、ドンコ。
16111825.jpg

16111828.jpg

ドンコは肩ロースとももを使用。素敵な火入れの仕事は色合いに現れる。
ここでの白は香りは当然のことながら肉と一緒に口に入れると香りだけでなくジュと混じり合ってよりふくよかになる。



吉田牧場のチーズ。うま味が凝縮。
16111829.jpg



カンノーリも定番。
16111832.jpg



ヘーゼルナッツとボネ。
16111835.jpg



エスプレッソで締める。
16111836.jpg



なんとも贅沢な一夜。
話題もどんどんひろがりをみせたのであった。






「チェンチ」
京都市左京区聖護院円頓美町44-7
075-708-5307

投稿者 geode : 2016年11月18日 10:00