« 「ガニュ・パン」 大阪・中津・パン | メイン | 「草如庵」 長野・東御市・日本料理 »

2016年10月27日

「三水館」 長野・鹿教湯温泉・宿


今日は信州の宿である。
松本からクルマで約30分、鹿教湯温泉の宿「三水館」。
最初に訪れたのは10年以上前のこと。
以来数回訪問しているのだが、その都度新たな発見がある。

部屋に入ると自家製のお菓子がある。
土地の産物を使った小さなタルト。気分がほぐれる。
16102710.jpg



温泉に入り夕食である。

この宿は鍋がメイン。
この季節はキノコ鍋だ。
春は山菜鍋となる。

クリ茸、アミタケ、など10種類の茸は入る。
16102719.jpg



松茸も加わる。
16102714.jpg



鶏が入ることでコクも生まれる。
16102715.jpg

16102720.jpg



キノコは食感もさまざま、ぬめりがあるもの、シャキッとした噛みごこちも楽しめる。香りも千変万化。一口ごとに口内の世界が変わってゆく。
16102721.jpg

別々に食べるのもよし。2つのキノコを合わせて食べると、これまで出会うことのなかった味わいが生まれる。
これは鍋ならではの愉しみだと感じていた。
地産の粋を集めたような鍋に、次回春の山菜に時期に予約を入れたほどだ。



前菜は
大根葉のおひたし、柿の胡麻和え、豆のマリネとサツマイモのレモン煮、キノコ入り春巻き、鮎の煮浸し、葉唐辛子など。
16102713.jpg



信濃雪ますのすだちソース。
16102723.jpg



里芋、茄子、インゲンの炊合せ。
16102725.jpg



サラダ。
16102726.jpg



キノコと菊名の酢の物。
16102729.jpg



ごはんと香の物。
16102732.jpg



温泉には3回はいり、身体が信州に馴染んできた感じだ。



鍋を求めての旅もいいものだ。






「三水館」
長野県上田市西内1866-2
0268-44-2731

投稿者 geode : 2016年10月27日 17:11

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://180.222.81.174/cmt/mt-tb.cgi/701