« 「富小路やま岸」 京都・富小路六角・日本料理 | メイン | 「The Chairman」 香港・中環・中国料理 »

2016年10月19日

「イルチプレッソ」 京都・祇園・イタリア料理


大阪・南森町から祇園に移転し、一年が過ぎた。
すっかり祇園の地に馴染んだような感じを受ける。
高島朋樹シェフは「ここでしかできない料理を目指す」と話し、以前の料理とはコンセプトは同じだが、表現スタイルは祇園という地にふさわしい。

16101915.jpg



今回の料理は秋の始まりの季節のもの。

味来コーンの冷製フラン 岡山のヒシガニ 板屋貝。
16101917.jpg

マンゴーのビネガーがかかる。コーンスプラウトのほのかな甘味も印象的。



富山よりアンコウのカルパッチョ みょうが フィンガーライム。
16101921.jpg

アンコウは一週間熟成をかける。そこにフィンガーライムの酸味とみょうがのシャキシャキ感。



仲谷農園トマトのジュレ 鮑 大間の本まぐろ。
16101925.jpg

ナスタチウムにウニも加わる。鮑は蒸しだ。和の鮑とは食感がやや固い。



岐阜より天然うなぎの白焼き 茄子のピューレ カレー風味。
16101927.jpg

カレー味ではなくカレー風味。この塩梅がポイントである。スパイスが主張しすぎてもいけない。流石のバランスとテクニックである。



鮎のフリット リゾットアルサルト ブロード。
16101930.jpg

これが高島シェフの料理かと驚いてしまう。
柔軟というか軽やかというのかシェフの懐に深さを感じでしまう。



タヤリン 自家製ボッタルガ
16101933.jpg

ボッタルガをパウダー、ムース、そのままと三種類のスタイルで供する。このほうがボッタルガの存在が際立つ。



安比舞茸を巻いた甘鯛の炭火焼き。
16101936.jpg

この皿の周りに素材を散らすという姿も、シェフの柔らかさを感じる。



お口直しは青レモンと新しょうがのソルベ。
16101937.jpg



茨城産ミルク鳩 賀茂茄子 イチジク。
16101940.jpg

バローロとトリュフのソース。
このソースの力は偉大であった。鳩の味わいは優しく、そこにソースが絡み、一つの形を作る。



岐阜より穴熊のアッフェッタート九条ネギ サルサヴェルデ。
16101942.jpg

穴熊と聞いて同行者は「??」であったが、「こんな味なんですか。あっさりしてますね」と食べるスピードは快調だ。



栗のフォカッチャ ジェラート 栗のはちみつ。
16101944.jpg

栗の蒸しパンにジェラート、蜂蜜は濃厚で一挙に栗の世界に招かれた感覚。



コーヒーでしめる。
16101946.jpg



16101947.jpg



高島シェフのしなやかさを再び強く感じだたディナー。






「イルチプレッソ」
京都市東山区祇園町南側566
075-533-7071

投稿者 geode : 2016年10月19日 10:57