« 「祇園楽味」 京都・祇園・日本料理 | メイン | 「祇園大渡」 京都・祇園・日本料理 »

2016年10月13日

「グリルグリーン」 京都・祇園・洋食


男4人でカウンターに座る。
オーナーシェフの足立浩行さんは「大和牛のエエのが入ったので、それを焼きますわ」と取り出した大和牛。
うちももだが、かなりの脂分だ。
「締めの卵サンドとカレーは用意していますから」とも。
これなくして「グリーン」を語れないメニューである。

スタートは
京都久美浜のフルーツトマトをマリネ。4日間かかったコンソメゼリー。
16101387.jpg

このゼリーが予想以上の濃厚さがあった。



続いて八寸のような前菜盛り合わせ。
16101391.jpg

なんとも懐かしいクネルが現れる。最近、クネルを出す店が少なくなってきた。
キノコのマリネ、アンチョビ入りのコロッケ、イカと海苔をロール状、サーモンマリネというラインナップ。



ブラウンマッシュルームとポルチーニのポタージュ。
16101393.jpg

これもキノコの濃密な味わいとコクを楽しめた。



大和牛。
16101394.jpg

この脂分がきれいですっと口の中で溶けてゆくのだ。
後味は爽やかである。香りも十分楽しめた。



さあ、卵サンド。
16101397.jpg

16101302.jpg

卵は4個、バターと塩だけ。
フライパンを巧みに動かし、四角形に近い丸に焼き上げる。

これが均一な味を生み出す。

16101304.jpg

この圧倒的なボリュームに思わず頬がゆるむ。
卵サンドの世界が変わる。



そして素カレー。
16101307.jpg

「口の中に、まだ肉の甘い香りが残っているので、この辛さにしています。それだけだと、少し辛いかもしれません」と。
十分だ。
スパイスとうま味の見事な融合。白いごはんがすすむ日本のカレーである。



なんともうれしい一軒。






「グリル グリーン」
京都市東山区祇園北側347-28 ぎおんFビル1階
075-525-3117

投稿者 geode : 2016年10月13日 10:25