« 「神戸元町別館牡丹園 大阪梅田エスト店」 大阪・梅田・中国料理 | メイン | 「円かの杜」 神奈川県・箱根強羅・旅館 »

2016年9月29日

「AZ ビーフン東」 大阪・西天満・ビストロ&中華料理


僕が「ビーフン東」に出会って40年以上の歳月が流れる。
一時期、店を閉じ、東京新橋のみの営業という時代もあったが、数年前に再開し、再び愛着を感じる一軒となった。

昼間は、ビーフンとバーツァンの店だが、夜のなるとストロ&中華料理と変化するのだ。東シェフのクリエィティブ精神が見事に発揮された展開。
積極的に海外のコンテストに出場するなど、つねに未来に向かう姿勢が見事である。



スタートは、イベリコ豚のチョリソとジャガイモのコロッケである。
16092947.jpg

パプリカのパン粉をまぶす。一瞬、どんな味わいかと驚きに一品だ。



蒸鶏はソースのパターンをかえる。
16092949.jpg

16092950.jpg

黒ゴマソースとヨダレ鶏タイプ。
鶏に対する火入れはおだやか。ソースが変わることで、こんなに印象が違うとは。



サンマとリンゴのマリアージュ。
16092953.jpg

サンマの脂の乗りのすごいこと。そこにリンゴの酸味と甘味が花をそえる。



イチジクのマスカルポーネチーズ。アンチョビ風味。
16092954.jpg

三者の個性がまあるい円を描いているのであった。



仙鳳趾の牡蠣のフリット。イカスミのコロモは妙なる甘味を提供する。
16092956.jpg

グァンチャーレに脂分が異なる甘味をプラス。



酢豚はシェフのおすすめ。
16092958.jpg

豚はトンポウロウのようにいちどしっかり味を含ませる。
よって豚肉のほどけ具合や酸味の出方が面白い。
辛子水菜など野菜の勢いも感じる。



北海道産の牛肉の炭火焼き。
16092961.jpg

がっつり食べる。脂身も身のうち。
マデラソースが息づいている。



焼きビーフンを少々。
16092962.jpg



バーツァンも半量。
16092964.jpg



なんだか胃袋も気持ちも落ち着くのであった。






大阪市北区西天満4-4-8-B1F
06-6940-0617

投稿者 geode : 2016年9月29日 10:28

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://180.222.81.174/cmt/mt-tb.cgi/696