« 「祇園 きだ」 京都・祇園・日本料理 | メイン | お休みのお知らせ »

2016年6月24日

「天ぷら 元吉」 東京・南青山・天ぷら


16062457.jpg


「少し高い温度で揚げています」と店主が話す。

海老の甘味を感じた時であった。

海老も締めて数時間という。

カウンターには食べ慣れたカップルと香港からのお客がかなりの分量の天ぷらを食べていた。


海老の頭は、天ぷらの世界への誘い。
16062419.jpg



海老は二尾。
16062421.jpg

甘味が鮮烈。



アスパラは香りだ。
16062423.jpg



寝かせたキスは凝縮感高まる。
16062425.jpg



奥が賀茂茄子、手前が水茄子。関西の茄子の饗宴だが、そのちがいは大きい。
16062427.jpg



帆立の磯辺。
16062429.jpg

帆立と海苔。磯の香りがお互いを高める。



稚鮎は苦味と微かな甘味の融合だ。
16062431.jpg



組み上げ湯葉は食感と甘味。
16062432.jpg



アワビは、熱が加わることで海の香りを露わにする。
16062433.jpg



鱧には新玉ねぎのピュレとぎんなん。
16062435.jpg

鱧が喜びを表現するようだ。



新玉ねぎ。
16062438.jpg

蜜のような甘味。



新玉ねぎの天ぷらに玉ねぎのスライス。
16062439.jpg



大間のウニ。これは贅沢だ。
16062443.jpg



帆立にキャビア。キャビアの働きは大きい。
16062445.jpg



新れんこん。サクッとした歯ごたえがうれしい。
16062447.jpg



穴子。塩と天つゆの双方を使う。
16062448.jpg



とうもろこし。これはクセになる。
16062450.jpg



かき揚げ天丼を選ぶが、丼が選択できる。

なんと7種類あり。
16062451.jpg



標準タイプ。

かき揚げの火入れは難しい。
16062454.jpg




牛乳プリンにマンゴー。
16062455.jpg




今回は天ぷらのみのコース。

潔さとリズムの素敵な時間であった。



「天ぷら 元吉」
東京都港区南青山3-2-4 セントラルNo.6B-A
03-3401-0722

投稿者 geode : 2016年6月24日 09:50