« 「赤いうちわ」 兵庫・三木・すき焼き | メイン | 「青空 blue」 大阪・平野町・うどん店 »

2015年11月13日

「レストランあしや竹園」 兵庫・芦屋・但馬牛レストラン


縁あって「竹園精肉店」の社長と知り合いになり、
一緒に寿司を食べることなった。
その時、話題になったのが「すき焼き」である。



「レストランあしや竹園」で但馬牛の3種の部位を使うすき焼きの会。

「ホテル竹園」といえば、読売巨人軍が宿泊する宿としても名高い。

また、精肉店で販売されるコロッケやミンチカツの評判も高い。




テーブル上には但馬牛の使用部位と部位食べ比べ表が置かれる。

15111348.jpg

15111349.jpg

これを参考しながら会は進む。





雲丹豆腐が突き出し。
15111351.jpg

この日の但馬牛。




リブロース。
15111352.jpg





ランプ(左)とイチボ(右)
15111353.jpg

あとはすき焼きを食べる。

スタッフがついて焼いてくれる。




まずは野菜をしっかり焼く。
15111355.jpg




続いてリブロースである。
15111357.jpg

なんとも上位な甘みと香りとコク。

脂分の甘みが半端ではない。





続いてイチボ。
15111360.jpg

最初は卵をつけると牛肉の味が薄まるような気がし、そのまま。




15111361.jpg

卵を付けると、まろやかさがます。




ランプはスダチを絞ると
なんと味わいの輪郭がくっきりとなり、
これはいけるとみんな頷く。

スダチというか柑橘の酸味はいいアクセントとなった。




すき焼きは、ホントに種々の食べ方がある。

ここでは少し割り下を使う。

その味わいも含めすき焼きと考える人も多い。




締めはうどんをからめて出来上がり。
15111364.jpg



後日、東京の精肉店の主とこの日のことを話していると

「部位によって割り下を変えるという手もありますね!」と。




すき焼きは深いなあ!





「レストランあしや竹園」
兵庫県芦屋市大原町10-1 ホテル竹園芦屋 3F
0797-23-3322

投稿者 geode : 2015年11月13日 10:34