« 「野口太郎」 大阪・北新地・創作料理 | メイン | 「オテル・ド・ヨシノ」 和歌山・手平・フランス料理 »

2015年10月 1日

「天ぷら松」 京都・嵐山・日本料理


久しぶりの「天ぷら松」である。
15100183.jpg

カウンターに9名食いしん坊集合。


「香りを楽しんでもらいたいんです」と毛ガニと松茸。
15100193.jpg



15100199.jpg

松茸の香りだけでも鮮烈なのに、毛ガニが加わることで相乗効果だ。



活きた子持ち鮎。
15100101.jpg



甘鯛はウロコをカリッと焼き乗せる。
15100103.jpg

甘鯛にはトウモロコシを貼付ける。

ソースもトウモロコシのピュレ状である。

甘味と食感の競演。



鯛と秋刀魚の造り。
15100107.jpg

もみじ鯛の脂ののった旨さに舌が素直に反応。



鰆のたたきには柚子のきいたジュレ。
15100116.jpg

これがいい相性。



スッポンのお椀だ。
15100117.jpg

濃厚で余韻も長い。



鮎は炭火で焼き、分解再構築というスタイルだ。
15100125.jpg



季節最後の宮津のとりがい。
15100128.jpg

これは大きなサイズだ。



さっと炙ると一気に甘味が増す。
15100137.jpg



なんとも艶かしい。
15100138.jpg



とりがいのだしでとったおかゆ。
15100140.jpg



そこに北海道と鹿児島のウニを混ぜる。
15100142.jpg



それを炙ったとりがいにのせる。
15100148.jpg

見事なぐらいなおいしさである。



ハモはしゃぶしゃぶ。
15100155.jpg



たっぷりのもずくで食べる。
15100156.jpg

新たな発見だ。



すっぽんと冬瓜のだし。
15100162.jpg



いよいと天ぷら登場。

かますの天ぷら。
15100166.jpg



天然舞茸。
15100167.jpg

香りが強烈だ。



レンコン。
15100170.jpg



キス。
15100172.jpg



締めのよもぎうどん。
15100175.jpg

氷の器で。



ふわっとしたかき氷。
15100178.jpg



そこに黒蜜ときなこ。
15100181.jpg

記憶に残るカキ氷。



どれもが印象に残る。



「天ぷら松」
京都市右京区梅津大縄場町21-26
075-881-9190

投稿者 geode : 2015年10月 1日 10:03