« 「中国菜 火ノ鳥」 大阪・伏見町・中華料理 | メイン | 「黄龍」 大阪・上本町6丁目・中国料理 »

2015年7月30日

「イル・チプレッソ」 京都・祇園・イタリア料理


大阪・南森町から祇園に移転したばかりの「イル・チプレッソ」。
15073099.jpg

祇園の町家を見事に改装。

京都らしい鰻の寝床と言われる建物。

入口からダイニングへのアプローチが長い。

支配人がサーブを担当する。




中庭が見えるとホットした感じだ。
15073079.jpg

奥はカウンター式の部屋になっている。



突き出しはイワシのマリネ、吉田牧場のモッツレラ。
15073081.jpg

この合わせが爽やかである。



ゴールドラッシュというとうもろこしに毛ガニ。
15073082.jpg

甘味の重ね具合が絶妙である。



魚介のガスパチョという説明。
15073086.jpg

トマトウォーターやオリーブオイル。

甘えび、マグロ、タコ、アワビなどが入る。

確かにガスパッチョと言われるとその味が口の中に広がる。

楽しいアプローチだ。



イカスミのリングイネ。
15073088.jpg

剣先イカにズッキーニとバジリコ。



リガトーニはラルド(背脂)が添えてあり、ねっとり感が生まれる。
15073090.jpg

高島シェフらしい一皿。



ラビオリにはマッシュポテト、甲殻類のソース。
15073091.jpg

ラビオリに歯を入れたときの食感が面白い。



メインはうずら。
15073093.jpg

迫力ある皿もシェフの本領発揮。

イチヂクやブルーベリーのソースなどでアクセント。



キャラメルプリンに山羊のヨーグルトのソルベ。
15073096.jpg



ミニャルディーズ。
15073097.jpg



エスプレッソ。
15073098.jpg



オープンしてまだ一ヶ月弱。

京都へ移り住み、シェフは京都の街が好きになったと。

これまでは食べるためだけに訪れていた京都。

暮らし見ると日々の移ろいに心を動かされることも多く、
それが料理に少し影響を及ぼしているのかもしれない、とも。

これからの変化が楽しみである。



15073078.jpg



「イル・チプレッソ」
京都市東山区祇園町南側566
075-533-7071

投稿者 geode : 2015年7月30日 10:47