« 「がんこ親父」 愛知・岡崎・うどん、そば | メイン | 「イル・チプレッソ」 京都・祇園・イタリア料理 »

2015年7月29日

「中国菜 火ノ鳥」 大阪・伏見町・中華料理



15072942.jpg

開店して間もないが、最近よく評判を聞く。

食いしん坊の友人と二人ででかけた。



前菜が届く。
15072947.jpg

8種類、美しい。

これで気持ちが高ぶる。

牛ほほ肉のにこごり、2色卵はピータンと卵、いんげん豆に干しカレイ、
赤海老の紹興酒漬け、はりつぶ貝の醤油漬け、
稚鮎の香料煮、鯛のてまり寿司の中身は新しょうがと青唐辛子、クラゲの酢の物。

それぞれしっかりした味付けでインパクトあり。



次は細長い皿。
15072950.jpg

海鮮春巻きと肉焼売である。

肉焼売は程よい肉感。

春巻きは口当たりが変わると印象も異なる。



そうめん南瓜の海老粉和え。
15072952.jpg

一見フカヒレのようにみえるそうめん南瓜に
海老粉の旨みをまとわせる。



山東省風海老のチリソース。
15072954.jpg

海老の頭の味噌と海老でとった出汁で味付け。

辛味というより旨み重視の構成だ。



百花鶏。
15072959.jpg

「これは広東4大銘彩の一つです」と。

鶏は皮を外し、鶏肉のミンチと海老のすり身を混ぜたものを
再度詰め、皮を戻し火入れした料理。

やや甘味も感じ、とても美味なる味わい。

これはいい料理に出会ったという感動を得た。



手羽先に魚の浮袋やなまこを詰め、干しアワビの戻し汁で蒸し上げた料理。
15072962.jpg

旨みが詰まっている。



締めの土鍋ごはんはタコと生姜のごはん。
15072964.jpg



15072967.jpg

生姜の味がよく効いている。

ジャスミンライスとの香りともいいマッチング。



デザートはバニラ風味の杏仁豆腐。
15072969.jpg

桃の生タピオカ マンゴーソース。

グラスに入ったのが香港で人気のコーヒーと紅茶をミックスした
インニョンというドリンクの変形。

上にはカフェモカのゼリー、下には紅茶のゼリー。

そこにミルクを加える。

これは素晴らしい。



コース料理だが。

メリハリもあって楽しめた。

これからが楽しみな一軒である。



「中国菜 火ノ鳥」
大阪市中央区伏見町2-4-9
06-6202-1717

投稿者 geode : 2015年7月29日 10:43