« 「唐菜房 大元」 大阪・西天満・中華料理 | メイン | 「天龍」 東京・銀座・中華料理 »

2015年2月16日

「祇園 ろはん」 京都・祇園・日本料理


幸運にも予約がとれた。

店に入ろうとすると、カリスマ農家の田鶴さんが
「いちごを届けに来た!ラッキーやな」と。
まさに、田鶴さんが作るいちごはすごい。

これはうれしい。


中に入ると知り合いが4名で盛り上がっていたりした。


相変わらずの人気店だ。


「予約が取れないと思われているのですが、
そんなこともないです。いつでも連絡ください」とのこと。




ここは定食屋。
タンシチュー定食を選んだが、
そこに何品かプラスするのが常である。




蟹味噌の上用蒸し。
15021694.jpg

百合根が入りほっくりした味わいに
水菜と柚子の香りがプラスだ。





造りは、よこわと平目の縁側。
15021698.jpg

この縁側の脂ののりが見事で、甘みを満喫。





川海老と生姜のかき揚げ。
15021600.jpg

これはなんかほっとする味わい。

サクッとかつ川海老のうま味が凝縮。





生のなまこに出汁のジュレ。
15021602.jpg

コリッとした歯ごたえの繰り返しと
ジュレの柔らかな酸味のハーモニー。



15021603.jpg




五島列島の豆牡蠣。
15021604.jpg

まさに海のミルクを想起させるコクが舌をぐっと押してゆく。
小粒だが、力強い牡蠣だ。





香の物もしっかり味で、白ご飯に合う。
15021606.jpg




タンシチュー。
15021608.jpg

ここでは初めての献立。
ドミグラスソースの柔らかさと
タンの弾力ある食感が白ご飯を呼ぶ。





炊きたての白ご飯は、文句なし。
15021609.jpg




すき焼きも、風味が素敵だ。
15021611.jpg




氷魚の玉締めで、ご飯を少し。
15021614.jpg

自分でも食い意地が張っていると思う。





そして田鶴さんのイチゴ。
15021616.jpg

甘みは深く、味蕾をたまらなく刺激し、
適度な酸味とのバランスは、
田鶴さんの言葉通りラッキーであった。




いい時間の流れで、食事を楽しむことができた。




15021617.jpg




「祇園 ろはん」
京都市東山区大和大路通四条上ル廿一軒町232 1F
075-533-7665

投稿者 geode : 2015年2月16日 10:16